布絵本を手作り絵本で幼児教育

布絵本の材料を集める・フェルト等素材の特徴について

pincushion 布絵本を手作り

布絵本は、まず材料収集から

布絵本をつくる決心をした私は、材料を収集しました。様々な店や通販サイトをめぐってみた結果、材料によって、

・100円ショップ
・手芸店
・通販サイト

のいずれで入手すべきか明確に分かれているように感じました。

今回は布絵本の各パーツに相応しい材料について説明します。

布絵本の主な材料と仕様

布絵本の主な材料はカラフルなフェルト

 

布絵本の主な材料は、カラフルなフェルトたちです。

なんといっても端の処理が不要であるため取扱が簡単です。

優しい触り心地と美しい色、赤ちゃんの遊具として最もふさわしい素材だと思います。

布絵本の表紙にはキルティング等のしっかりした布を

 

また、布絵本には表紙を作ることをおすすめします。

本として作品がまとまる上、遊ばないときは閉じて汚れを防ぐことができ、作品自体が頑丈になります。

表紙はキルティングなどのしっかりした布を選ばれている方が多いように思います。

布絵本は汚れることが前提

 

eating

赤ちゃんのおもちゃとなる布絵本は、赤ちゃんがしゃぶったり、ミルクを吐いたり、コップを倒して何かがこぼれたりする事態が想定されます。

水通ししていないので、洗えば型崩れは避けられませんが、念の為、全部を洗える材料で作ることにしました。

実際、布絵本で遊ばせていると、表紙のキルティングをよく舐めています。気になる方は、表紙だけでも洗ってから作成するとよいかもしれません。

布絵本のサイズは正方形が無難

 

布絵本のサイズは、赤ちゃんの持ちやすさ、作成のしやすさ等から、15cm程度の正方形で作られている方が多いようです。

今回は、まだ6ヶ月に満たない赤ちゃんのために布絵本を作るので、

・親がめくってあげることが前提
・それぞれのパーツを大きく赤ちゃんにも見やすく

といったことを考え、A5サイズで作成することにしました。

私が布絵本に採用した材料

同じフェルトでも、パーツによって適した入手先は異なります。

布絵本の台紙に採用したフェルト

 

各ページの台紙は、白のフェルトで統一しました。

白い台紙の上に縫い付けられたカラフルなコンテンツは引き立ちます。認知能力が完全ではない赤ちゃんにとって、見やすいのではないかと考えました。

ダイソーの手洗いOKフェルトには、約70cm×60cmの大判なフェルトがあります。これを台紙としました。

布絵本のパーツに採用したフェルト

 

各パーツには、40色のフェルトのセットをAmazonで購入。

今回の作品には、このセットのうち28色を使用しました。

40色の中にはどんな色でも何枚か選択肢があるので、表現したい色がほとんどこれで網羅できます。

楽MoMo カラーフェルト 1.0mm 40色 40枚 30cm x 30cm

様々な特徴のフェルトを使いこなす

 

フェルトには、売られている場所によって、特徴があります。

・上記のフェルトは薄くて硬い
・手芸店のフェルトは厚くて柔らかい
・100均のフェルトは薄くて柔らかい

薄くて硬いAmazonで売られているフェルトは、カットしても破けにくく、布絵本の細かい表現に向いているフェルトだと思います。

また、硬めのフェルトは毛玉ができにくく、美しさが保たれます。

比較的硬いというだけで、表面の手触りが硬いわけではありません。

表紙に採用したキルティング

 

キルティング生地 無地 巾85cm×1m切売カット 黒

手芸店で探した時に端切れの黒いビンテージキルトが値下げして300円程度で売られていたので採用しました。

表紙は、本来もっと可愛らしい柄の表紙が良いのかもしれません。

しかし、黒もデコレーション次第で、美しく華やかな表紙になりますし、汚れが気にならないように思います。

ブランケットステッチに用いた糸

 

ステッチには、もともと手元にあった刺繍糸のほか、以前Amazonで購入した39色セットを使用しました。

100%ポリエステル素材 39色セット 約200メートル

フェルトの色とまったく同じ色や、少しステッチを目立たせるためにトーンの違う色を選びたいときなど、いずれもこのセットでカバーできました。

刺繍糸ではありませんが、糸1本ずつを、自由な長さでスピーディーにとることができ、時間のかかる布絵本制作において重宝しました。

布絵本を閉じるボタン

 

ボタンをプラスチックのカラフルなものにするか、優しい風合いのナチュラルな素材にするか、はたまた金属製のものにするか迷いましたが、ココナッツボタンを採用しました。

ココナッツ ボタン 13mm ブラウン 8個入り

button

ボタンなどの単品で用いるパーツは手芸店でバラ売りしているものを買うと安価です。

布絵本の脇役たち

ミニチュアダックスの耳に採用したファー

 

フェイクファー テープ 幅30mm 長さ180cm ダークブラウン

バッグ等をデコレーションするためのファーのテープです。小さな毛深いパーツを作るのに、安くてもってこいです。

洋犬の耳の毛は柔らかくて触り心地が抜群です。それを、フェイクファーで表現してみたいと思い購入しました。

三角形に両面縫い合わせて裏返し、本に綴じ付けました。

柔らかい生地に貼る接着芯

 

ダイソーで購入したタオルをクマに採用しましたが、布地がペラペラで当初うまく扱えませんでした。

そこで、接着芯を購入しました。

接着芯・普通タイプ

これをタオルの裏にアイロンで貼り付け、カットした上で、縫い代を少しずつ折り込みながら縫い進めました。

fusible-interlining

パーツを固定する両面テープ

 

複雑に重なり合ったパーツや、大きなパーツを縫い付ける時には、両面テープでパーツを仮留めしました。以下のテープは、洗っても剥がれにくいのでオススメです。

布用両面テープ 透明 10m 幅20mm

私の場合、ぞうさんの耳や牙を両面テープで固定して、その上に頭のパーツを重ね、そのままブランケットステッチを施しました。

mouse-of-elephant

背表紙にケミカルレース

 

タグとしおりの紐を表紙の裏側に縫い付けたため、縫い目を隠すのにケミカルレースを背表紙の飾りとして上から縫い付けました。

お花のモチーフケミカルレース 幅約13mm 長さ約13m 黒

複数のブレードが入ったセットが手芸店で売られていたので購入。目立ちませんが、ちょっとしたアクセントになりました。

spine

参考にした書籍

いろいろ本を買ってみましたが、参考になったのは刺繍の本でした。刺繍は細かい緻密な表現ができるので、フェルトでは表現できない部分に多用します。

増補改訂版 いちばんよくわかる刺しゅうの基礎 図案420点 日本ヴォーグ社

刺繍糸のみで行う通常の刺繍に加えて、ビーズ刺繍や、フェルト・布のアップリケが、様々な図案とともに解説されていました。

embroidery

チェーンステッチは面を簡単に埋めることができます。目をサテンステッチで、口はバックステッチで縫いました。

コメント