絵本で幼児教育

絵本1万冊読み聞かせのメリットとデメリット・継続のコツ

絵本で幼児教育

1万冊の絵本の読み聞かせは大変だけど効果大

くもん式推奨「3歳までに1万冊の絵本を読みきかせること」に取り組み始めて1年以上経ちました。

子供の反応を見るたびに、モチベーションが湧いてきて、今の所1日10冊、何とかこなしています。

今回は、5000冊以上を読み聞かせしてみて感じたメリットや、デメリットについて考えたことをご紹介します。

絵本の読み聞かせのメリット

我が家では子供が座れるようになった時期から少しずつ絵本を読み聞かせていましたが、本格的にはじめたのは1歳4ヶ月ごろになってからでした。

スタートが遅かったので3歳までに1万冊はむずかしいかもしれませんが、恩恵は計り知れません。

一緒に過ごしていると、絵本に出てきたことばやその他内容が子供の行動や発言にすぐ使われ、脳に絵本がうまく吸収されていっている様子が伝わってきます。

絵本を多読することにより得られるメリットはたくさん

 

本格的に読み聞かせてみて感じたメリットを、親子別に書き出してみると以下のようなものがあります。

重複している項目がありますが、絵本を読み聞かせていると常に感じられるメリットです。

子供の側のメリット

 

子供がダイレクトに得ることができるメリットには、以下のようなものがあります。

・絵本で話題を共有できて、会話を楽しめる
・大人同士の会話や子供への説明をしっかり理解して対応できる
・絵本を参考に、様々な方法で自分の要望や気持ちを表現できる
・親の愛情を感じて育つので、情緒が安定する
Lucky
Lucky

月の形が変わることを知った子供が、お月さま、大きくなってきた!と指差すようになりました。

絵本はイヤイヤ期対策にも効果絶大

 

だんだん複雑なことを考えられるようになった子供が、それをうまく周囲に伝えられないことがイヤイヤ期の原因の一つとなっているようです。

しかし、たくさんのことばや、おはなしの組み立て方、それによって相手がイメージすることを絵本をつかって学ぶと、子供の表現力がアップします。

Child
Child

自分の言いたいことが、だんだん周囲の大人に伝わるようになるよ。

周囲の大人は、子供の言っていることの正しさに驚くとともに、ちゃんと対応するようになるので、子供のストレスが減って、イヤイヤ期対策にも効果が上がります。

親の側のメリット

 

親にもさまざまなメリットが得られます。

・絵本で話題を共有でき、会話を楽しめる
・絵本を使って、生活訓練がスムーズにできる
・絵本を使って、バランス良くたくさんの知識を与えられる
・子供の興味の方向性が分かり、次のステップに進ませやすい
・絵本は薄く丈夫なので、おもちゃと比べて保管しやすい
・声に出して読むとストレスが減り、親の情緒が安定する
Lucky
Lucky

お仕事で嫌なことがあっても、絵本を読むと忘れられます。

親のイライラが減ると、間接的には子供にとってのメリットにもなります。

絵本の読み聞かせのデメリット

デメリットは、以下の記事でも触れていますが、本棚スペースと一定のコストがかかるということ、収集や読み聞かせに毎日一定の時間が必要となることです。
 

我が家で読み聞かせをはじめるにあたって、他にもデメリットがないか心配になり、ネット上で検索をしたり、周囲の育児経験者と話したりしてみましたが、ほとんど見当たりませんでした。

ネット上であがっている心配の声や、友人との話を参考に、デメリットとなりそうなことを3つ考えてみました。

①10冊という数値目標がプレッシャーになって、無理をさせてしまう

 

子供は2歳後半〜3歳直前ともなると、かなり文字数の多い絵本を読んでほしいと持ってくるようになります。

我が家の場合、平日の日中は保育園に預けているので、夜に絵本を読み聞かせていました。

しかし、残業のあった日に無理して10冊読むと、子供の就寝時間が後ろ倒しになってしまうことが多くなりました。

Lucky
Lucky

忙しい親にとって、絵本10冊をこなすのは大変です。

保育園の先生がすすめるのは朝時間の活用

 

保育園の先生との面談で、この悩みをぶつけると、絵本の読み聞かせをやめるのではなく、朝を活用してみてください、とのアドバイスをもらいました。

例えば朝1時間早く起きて、しっかり朝ごはんを食べ、余った時間を読み聞かせに使うことにします。

すると、夜に前倒しで眠くなるので、絵本を追加で求められるといったことが少なくなり、効率的な時間の使い方ができるようになります。

Child
Child

保育園にいく前にうんちをする習慣もつくよ。

そうはいっても、仕事を抱えている親は、一足飛びには生活を変えられません。

読み聞かせを継続するためには「10冊読める日はやってみる」という軽いノリが必要です。

②脳の発達が、言語優位・視覚優位など、特定の能力にかたよってしまう

 

脳が未発達な幼児に「1日10冊の絵本を読み聞かせる」なんて聞くと、やり過ぎなのではないかと心配する方がいました。

しかし、0歳〜2歳前半の子供に絵本10冊を読み聞かせるのに使う時間はたかが5分や10分、長くても20分くらいです。

Lucky
Lucky

特に0歳〜1歳の子供に読む絵本は文字が少なく、あっという間に終わります。

絵本の読み聞かせは、テレビやYouTubeを一定時間見せることと比べても、子供の能力のバランスに大きな影響を与えるものではありません。

③読み聞かせをたくさんしても、親が期待していたような発達スピードが得られない

 

早期の読み聞かせによって「1日30冊以上、集中して聴いてくれるようになった」「1歳や2歳で文字が読めるようになった」などという体験談をたくさん目にします。

一方、「ぜんぜん絵本に興味をもってくれない」といった悩みもネット上にあふれています。

発達スピードにまつわる悩みは身近にたくさん存在する

 

例えば、発達障害についてフォーカスすると、軽度のものも含めて日本人の10人に1人は該当すると言われています。

日本は世界的に見て発達障害の割合が非常に多い国となっていますが、これは、空気を完璧に読んで行動することを求められる国のカルチャーが関係しているとも言われています。

しかし、10人に1人という数字は、本来突出した「個性」であるはずの「発達障害」で悩んでいる方が、現代日本において身の回りに数多くいるということを表しているとも言えます。

発達スピードの心配がある場合は専門家の意見を参考にする

 

日本では、残念ながら発達障害などを診療対象としている医師の中でも、詳しい知識を持っている人は限られています。

我が子の発達スピードが早すぎる・遅すぎるといった心配があるならば、発達障害の専門家の意見を参考にしましょう。

絵本の読み聞かせはいろんな形で発達に寄与すると思われますが、継続するにしても、専門家とともに進め方を考えることで、子供に合った方法を見つけられるかもしれません。

Child
Child

幼い頃から対策して、将来子供の「強み」が花開くことを後押ししよう。

読み聞かせは可能な範囲で

子供に絵本を読み聞かせるということは、子供に地頭の良さを後天的に授けるものであり、子供の人生を豊かにする上で有効な手段だと感じています。

とはいっても、親がストレスをかかえるほど頑張る必要はありません。

絵本を読まない日があってもよし、可能な範囲で取り組むことこそが、継続のコツだと思うこのごろです。

コメント