英語で幼児教育絵本で幼児教育

子供の英語学習の前に親が体験すべきシャドーイングの効果

英語で幼児教育

英語は中学校からで間に合う

子供でも大人でも、英語は日々の継続がないと身につかないスキルです。

働いていて子供と過ごす時間が少ない親にとって、子供への英語教育は手を出しづらいものです。

一方で、近年の便利なアプリを使うと英語耳や英語脳が比較的簡単に得られらようになりました。

今回は、幼児教育に英語を取り入れる余裕のないご家庭でも、まずは親が自分でシャドーイングを体験することで、将来の子供の英語学習に役立てることができるというお話です。

幼少期に英語学習するメリットは何か

 

幼児期の子供に英語を習得させたいと望む親たちの考えには、以下のようなものがあります。

・自分は英語が苦手。子供にはこの悔しい気持ちを味わって欲しくない。
・早く学習をはじめてアドバンテージを得て欲しい。
・言語の習得には臨界期があり、英語学習が遅れると習得が難しくなる。

最初の動画は「臨界期」の根拠となった研究を説明しています。

日本語訳をつけたまま見てください。右下の吹き出しをクリックするとJapaneseを選択することができます。

Child
Child

幼いころのほうが、英語を習得しやすいという考え方は、うなずけるね。

英語耳は幼少期に失われるわけではない

 

しかし、この研究で言われている現象は、日本語をスムーズに聞き取るために「不要な発音の聞き分けをしないように脳が変化していく様子」を説明したものです。

潜在的な能力が失われるわけではありません。

英語を話す練習をすることで、大人になってからでもLやRを聞き分けられる能力が復活します。

改訂3版 英語耳 発音ができるとリスニングができる(Amazon)

幼児は英語耳以外の能力も獲得しやすい

 

英語を幼児期に習得すためには、子供と過ごす自由時間をある程度英語に割くことになります。

しかし、幼児が英語耳を得やすいということは、別の能力を獲得しやすいということでもあります。

貴重な子供との時間をどこまで英語に費やすべきか、バランスを考える必要があります。

幼少期に英語を学ばなくとも東大理Ⅲには受かる

 

プロママこと佐藤亮子さんは、幼少期に英語を学ばせることなく子供たち全てを東大理Ⅲに進学させました。

佐藤さんのように、幼少期の子供には英語を学習させず、絵本の読み聞かせなどに時間をあてる方もいます。

絵本を読み聞かせ始めた経緯・3歳までに1万冊を目指して
公文式では3歳までに1万冊の絵本を読むことが推奨されています。1日に換算して10冊。共働きの家庭ですが子供への1万冊読み聞かせにチャレンジしてみました。1万冊の絵本を読み聞かせようと思った経緯についてご紹介。

英語を苦手科目にしないために

では、どうすれば英語を苦手科目とせずに学ぶことができるのでしょうか。

本当に有効な英語の学習方法とは

 

翻訳の神様、國弘正雄さんは、著書の中で自分の学習方法について以下のように述べています。

当時日本は全世界を相手の絶望的な戦争を戦っていたのですが、(略)中学一年のリーダー、さらに二年のリーダーを、声を出して繰り返し繰り返し読むこと(略)を愚直なまでに実行したのです。(p19)

また、ネイティブと英会話を実践してみたときのことも書かれています。

戦争が終わったのは中学三年のときで、当時私は神戸におりました。(略)進駐軍兵士に話しかけたところ、驚くなかれ、こちらの言うことが相手に通じるだけでなく、相手の言うことも、中学三年生としては驚くほどよくわかったのです。(p20)

さて、英語が苦手科目だったという人は、義務教育で英語を学んでいる間、どのくらい英語の教科書を声に出して読んでいたでしょうか

英語を話した方が効率的に学習できる理由

 

人は五感を通じて記憶を蓄えます。教科書の英語を声に出して話すと、

・舌が歯に当たる感触
・破裂音の後の渇いた口内の味
・横隔膜の動きによる圧迫感
・息を吸い込んだ時の匂い
・教科書のイラストや大小様々な文字
・単語と文章とストーリー
・自分の音読を自分の耳で聴いた音

これら全てが一つの塊となって脳に入力されます。

目と耳とシャープペンやマーカーを動かす手だけで勉強する場合と比べて、同じ時間で得られる情報の量が多くなり、英語がより吸収されやすくなります。

Lucky
Lucky

真似して話すためには、ネイティブの発音のわかりづらい部分を何度も再生するから耳が鍛えられます。

楽器の演奏に例えて考えてみる

 

楽器の演奏に例えて考えてみると、少し分かりやすいかもしれません。

絶対音感を身につけ(ヒアリング力を身につけ)、なおかつピアノを奏でられるようになる(スピーキング力を身につける)ために、以下のどちらを実践したほうが効率的だと思いますか?

・ピアノの演奏を聴く(英語を聴く)
・ピアノを演奏する(英語をまねして話す)

多くの演奏を聴いた人は、曲の内容と自分の経験などが結びついて感性が豊かになったり、曲に詳しくなったりすると思います。

これはこれで素敵なことです。

しかし、絶対音感は身に付きませんし、ピアノを演奏できるようにもなりません。

一方、楽器の演奏を習った人は、音の高さと鍵盤などの位置、楽譜のイメージなどを結びつけて覚えるので、絶対音感が身につきますし、その楽器を弾けるようになります。

知識のネットワークを脳内に構築して奏でる

 

英語を話す場合も、背景にある社会システムや文化や単語や文法、26種類のアルファベット、教科書の挿絵、具体的な文章、発音を結びつけることによって、英語で会話できるようになります。

このネットワークができてくると、いわゆる「英語脳」となり、英会話中は自動的に英語で考えるようになります。

英語を幼少期に沢山聴いたとしても、周辺の知識をネットワーク化できなければ、英語耳はいずれ不要なものと脳に判断され、失われてしまいます。

Child
Child

幼児期にペラペラだった人が、大人になって話せなくなる理由は、これだね。

中学でのシャドーイングには教科書を使う

では、具体的にはどのような学習が効果的なのでしょうか。

あくまで私の経験をもとにしたものですが、おすすめの学習方法を説明します。

中学生にはたくさんの自由時間がある

 

中学生には自由時間が沢山あります。

ですから、中学での英語学習においては、丁寧かつ単純なシャドーイングの繰り返しによって、英語にまつわる記憶の分厚い層を作ることをおすすめします。

教科書を使ったシャドーイングの準備

 

まず、中学校の英語の授業が新しい章に差しかかったら、帰宅後に、教科書付属の音源を何度か聴いて、教科書にアクセントを書き込んでいきます。

CDやカセットテープを巻き戻しては聴く作業は時間がかかります。

毎日できるものではありませんから、教科書に発音に関する情報を集約していきます。

Lucky
Lucky

赤い矢印⤴︎の通り読めば、ネイティブのアクセントを再現できるようになっています。

音源を真似して教科書を読んでみる

 

アクセントを書き込んだら、教科書を最初ゆっくり読み、徐々にCDと同じ速さにしていきます。

地道な作業ですが難しくはありません。

少しずつネイティブの発音が得られるので、楽しみながら作業できます。

教科書を毎日少しずつ音読

 

次の日からは、1日に10回、毎日音読します。

教科書の章1つ分は2〜3ページほどのボリュームです。

教科書に書き込む日には30分程度時間がかかりますが、音読だけの日は、1日あたり、10分から20分で終わります。

音読すると簡単に全文が記憶される

 

記憶力に自信のなかった私ですが、中学校の教科書程度の文章は非常にシンプルなので、何十回か音読するうちに、一旦すべて頭に記憶されていきました

30代になった今でも覚えているページがいくつかあります。

カラー改訂版 世界一わかりやすい英語の勉強法(Amazon)

スタディサプリイングリッシュ講師の関正生先生は、著書の中で、毎日5回の音読を推奨しています。

英語学習にかけた金額

 

教科書付属のCDでネイティブの英語を聞く必要があったので、CDを購入しました。

中学3学年分で3,000円にも満たない金額でした。

また、私は念のため英語の発音方法を知っている人に指導を仰ぐことにしました。

近所の個人塾に週一回、中学生の間だけ通いました。月々、数千円払っていたかと思います。

教科書付属のCDを真似するだけで発音と英語耳は得られる

 

しかし、教科書付属CDで練習を欠かさなかった私は、塾で発音に関して注意をされることはありませんでした。

発音は、留学経験者やネイティブから褒められました。

また、高校1年の時にアメリカでホームステイを経験しましたが、会話に不自由しませんでした。

私がシャドーイングで得た恩恵

 

当時は、発音が上手くなりたいな、という憧れの気持ちでシャドーイングに取り組んでいただけで、テストのスコアを上げようとか、英語で何をしたいとかいった目的はありませんでした。

しかし、中学でシャドーイングを導入したことで英語のきちんとした発音や英語耳を手に入れた私は、英語が好きになり、大学受験直前の英語の偏差値は70台に乗りました。

英語以外への恩恵

 

シャドーイングがもたらした恩恵は、英語にとどまりませんでした。

英語が得意科目となり楽に学習できたので、他の科目に割く時間が得られました。

英語の成績に牽引される形で、他の教科の成績も上がり、某国立大学理系に進学することとなりました。

ちなみに、私の両親は英語が苦手です。語学に関して、私に生まれつきの特別な能力はありません。

また、中学校での理数系科目の成績は平凡なものでした。

Child
Child

中学校・高校の英語科目の負担は大きいよね。英語の対策ができると、部活も心おきなく頑張れるね。

社会人のシャドーイングにはアプリを使う

問題は忙しい社会人です。幼い子供のいる親が、どうやってシャドーイングの効果が絶大であることを確認すればよいでしょうか。

シャドーイングのできるアプリを活用

 

しかし、安心してください。現代の英語教材の音源はとても優秀なので、教科書に赤い矢印を引く作業は不要です。

また、現代の英語教材は、アプリを活用してスマホ一つで英語学習を完結できます。

子供が寝ている間や通勤中でもシャドーイングに取り組むことができます。

Lucky
Lucky

声の出せない環境でも囁くことができます♪

スタディサプリイングリッシュTOEICコース

 

中でも、スタディサプリイングリッシュTOEICコース(以下、「スタサプ」)はおすすめです。

TOEICのスコアをスタサプに取り組む前後で比較すれば、シャドーイングによる英語耳・英語脳の発達を実感しやすいと思います。

スタサプはCMでもおなじみの関正夫先生の解説動画が面白いので、つい、次の問題に取り組んでしまいます。

スタサプは質の高い音源が豊富

 

スタサプは、シャドーイングできるよう、長文を含む全ての問題文にネイティブの音声がついています。一文ずつ分かれているので、リピート再生がとっても楽です。

私もTOEIC対策でスタサプを活用してみましたが、ここまで潤沢な音声データがある教材は初めてで、感動しました。さすがはリクルートですね。

また、TOEICのテストが様々な国の訛りをヒアリングさせるので、TOEICコースでも訛りのある音源が出題され、動画による解説もあります。

自分の音声を録音して確認できる

 

自分の発音をネイティブの発音と比較するには、自分の骨肉を通して伝わってくる音を聞くだけでなく、録音を聞いてみることをお勧めします。

スタサプならスマホ画面上のボタンを押せばそれができます。ネイティブの発音と自分の発音とを比較すると、ここの子音はもっと炸裂させたほうがよかったかな、といった加減がわかります。

私がスタサプを活用してみた成果

 

しばらく英語から遠ざかっていたこともあり、スタサプに取り組む直前のTOEICスコアは500点台でした。

Lucky
Lucky

英語は使わないとすぐに衰えます。

しかし、スタサプのみに取り組み、1年余りでTOEICを4回受験したころから、800点台を維持できるようになりました。

これまで他社の教材で800点を超えることは出来ませんでしたから、スタサプの威力を見せつけられた格好です。

何歳からでも英語は身につく

我が子の幼児教育に英語を取り入れる前に、親がまずは2、3ヶ月間シャドーイングを含めた英語学習に取り組んでみてはいかがでしょうか。

そして、幼児でなくても英語耳を得られることを確認してみましょう。

小学生になった将来の我が子に英語指導する際にも、その時の経験が生かされるはずです。

コメント