幼児の外遊びをうながす

幼児の外遊びをうながす 幼児の外遊びをうながす

文科省の幼児期運動指針によると、からだの操作が未熟な幼児が増えているそうです。

指針では4割をこえる幼児の外遊びが1日1時間未満であり、からだを動かす機会が少ないことが原因だとしています。

しかし、我が家では子供が「ストライダーであそびたい」「トランポリンやりたい」などと言っては家族を外へつれだしてくれます。

Lucky
Lucky

外遊びを楽しむことこそが、からだの成熟にとって大切なんですね。

外遊びのモチベーションとなる遊具やアクティビティについて、我が家で経験したことや調べたことを紹介しています。

幼児の外遊びをうながす

キャンプでのホットサンドの作り方・ホットサンドメーカーの種類とレシピ

チーズやハム、ソーセージ、野菜を食パン2枚ではさんでホットサンドメーカーで火にかけると、あっという間においしいホカホカサンドのできあがり。今回はホットサンドの作り方と、ホットサンドメーカーの種類を説明します。
幼児の外遊びをうながす

キャンプのベーシックな持ち物・3歳〜4歳の子供と一緒に1泊する場合

子供と大人とでキャンプに行って1泊するときの持ち物は、何が必要でしょうか。今回は、子供1人、大人3人で、2ルームテントを持っていく場合を例に、持っていくべきものリストをまとめました。
幼児の外遊びをうながす

非認知能力を伸ばすには・キャンプを例に大人と子供で2つのアプローチを解説

キャンプで非認知能力を伸ばせるというのは本当でしょうか。今回は、非認知能力がどのような能力なのか、キャンプ等で、子供の非認知能力向上・挽回に役立つ取り組みについてまとめました。
幼児の外遊びをうながす

家族キャンプの魅力とは・子供の認知、判断、実行力が鍛えられる!

家族キャンプで子供たちは認知、判断、実行の経験をたくさん積み重ねることができます。今回は、出発から焚き火の火起こしまでの作業を細かくみて、子供に楽しんでもらえる工夫を考えました。
幼児の外遊びをうながす

アウトドア用品はおままごとに最適!本物を揃えてずっと使おう

おままごとは子供たちが夢中になる遊びの一つですが、おままごとセットにはたくさんのパーツがあって、かさばります。今回は、アウトドア用品がおままごと道具に最適だということを説明します。
幼児の外遊びをうながす

ストライダーを楽しめる都立公園を探す

東京都立公園はかなりのバリエーションがあって楽しめる 国営公園以外にも、地方自治体の公園のなかには、大きくて平らな広場や、幅の広い園路が整備されていて、ストライダーが許可されているところがたくさんあります。 特に、空き地や自然の少ない東京都...
幼児の外遊びをうながす

ストライダーで遊べる公園を紹介・ルールよし!安全性よし!景色よし!マナーを守って楽しむ

アメリカで生まれたストライダーは、安全で広大な土地を縦横無尽に子供たちが遊び回る前提で作られています。しかし、日本ではそのような環境に恵まれている子供はめずらしく、車輪付き遊具を禁止された公園が目立ちます。おもいっきりストライダーを楽しめる公園を探してみました。
幼児の外遊びをうながす

ストライダー等ランニングバイクのキャリーバッグとベルト・運搬や保管に使える輪行袋とは

いつも同じ公園をランニングバイクでぐるぐる走っていてもつまりません。たまには遠くの素敵な公園に行って、新しい景色の中で思いっきり子供たちに走ってもらいたいものです。自家用車やレンタカー以外の移動で活躍する、ストライダーやへんしんバイク用の輪行袋をご紹介します。
幼児の外遊びをうながす

【種類別】2歳〜3歳でストライダー用おすすめグローブ9選

ストライダーに乗って練習を始めると、子供はよく転んで地面に手をつきます。上手になると転ぶ回数は減りますが、スピードが出るようになるため、転んだときのダメージが大きくなります。そのような転倒に備えるためのサイクルグローブをご紹介します。
幼児の外遊びをうながす

米式バルブに空気を入れる方法・ゲージの読み方・圧力の単位

ゴムタイヤのバルブは仏式・英式・米式の3種類に分けられ、ストライダーなどのゴムタイヤに採用されているのは米式です。米式バルブに空気を入れる場合の操作方法を写真で解説します。
幼児の外遊びをうながす

2歳からストライダーに乗る場合のおすすめヘルメット4選・安全基準と日本人の頭の形状

ストライダーは転びながらバランス感覚を学ぶ遊具です。ヘルメットは必須といっていいでしょう。長い間ヘルメットをつける場合、安全性に加えて快適なつけ心地であることが重要です。今回は日本人におすすめのヘルメットについて解説します。
幼児の外遊びをうながす

ストライダーは本当に女の子向き!?運動能力を高める選択肢は他にもいっぱい

自分の子供(女の子2歳)がストライダーに乗り始めると、ランニングバイクに乗る子供が以前に増して目につくようになります。そして気がつくのは、ストライダーに乗っている女の子って意外と少ない?!ということ。