幼児の外遊び

非認知能力を伸ばすには・キャンプを例に大人と子供で2つのアプローチを解説

幼児の外遊び

非認知能力をキャンプで育てることは可能か

ノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大学のジェームズ・ヘックマン教授らの著書で知られるようになった非認知能力


幼児教育の経済学(Amazon

非認知能力は鍛えることのできるスキルとされている一方で、幼いころに非認知能力の高さはある程度決まってしまうとも考えられています。

今回は、非認知能力を掘り下げるとともに、キャンプなどの子供の非認知能力の向上(あるいは挽回)に役立つとりくみについてに考えました。

非認知能力とは学力テストなどで測定できない能力

非認知能力とは、個人差のある心理的な特徴のことで、学力テストなどで測定できない個人の特性による能力のこと全般を指します。

Lucky
Lucky

測定する場合は学力テスト以外の方法をとります。

意欲、協調性、粘り強さ、忍耐力、計画性、自制心、創造性、コミュニケーション能力などが挙げられます。

認知能力、つまり学力とは対照的に用いられる言葉です。

非認知能力が高い人は持続的に学び、生活の質や所得水準を上げていくことができる

 

1960年代にアメリカのミシガン州で行われた「ペリー就学前計画」によって鍛えられた子供たちと、それ以外の子供たちの40年間の経済状況と生活の質を追い続けた結果をヘックマン教授たちが分析しました。

すると、ペリー就学前計画によって鍛えられた子供たちの方が、生活の質、所得が高くなったことが示されました。

特定の幼児教育が、子供たちのIQや学力以外の能力(つまり、非認知能力)を高め、その能力が将来に大きな影響をおよぼすことが確かめられたのです。

ヘックマンの非認知能力というネーミングが分かりづらさを生んでいる

 

ちなみに、非認知能力というのは、教育者や研究者がIQや学力テストなどを使って認知できない子供の能力のことであって、子供自身の認知能力の話とは別です。

子供の非認知能力を鍛えることの中には、子供自身がものごとを認知する能力を鍛えることも含まれます。

非認知能力というネーミングが分かりづらく、多くの誤解を生んでいると言われています。

Lucky
Lucky

後述のOECDの呼び方の方がしっくりきます。

心理学ではパーソナリティ理論として非認知能力に通じる研究がなされてきた

非認知能力が注目されている理由をかんたんに説明します。

非認知能力はヘックマン教授の著書で登場した言葉であり、経済学の用語です。

Healthy
Healthy

教育学では「21世紀型スキル」と呼ばれます。

一方、心理学では人間の持つさまざまな性格や特性を特定しようとするパーソナリティ理論などが古くから研究されています。

パーソナリティ理論は類型論と特性論とに分けられます。

✔️ パーソナリティ理論の2つの分類
類型論
人間を独立したいくつかの類型に分類
特性論
人間のパーソナリティの共通した特性を分類
個性は各特性の程度の組み合わせで考える

 
パーソナリティ理論においては、これまでに人間のさまざまな類型や特性の分け方が提案されてきました。

パーソナリティ理論の特性論で有力視されているビッグ・ファイブ理論とは

 

やがて、1990年代にオレゴン大学のルイス・R・ゴールドバーグ名誉教授が特定し提唱したビッグ・ファイブ理論が、他の多くの心理学者に支持されるようになりました。

パーソナリティ理論における人間の特性の分け方は、ビッグ・ファイブ理論にほぼ統一されました。

Happy
Happy

人の個性は5つの特性の組み合わせで決まる。

非認知能力とパーソナリティ理論(ビッグ・ファイブ理論)との比較

 

特性論と、非認知能力で考えられている要素とでは、共通する部分があります。

日本生涯学習研究所では、非認知能力の要素を16個抽出していて、そのうちの8個はビッグファイブにもあてはまる要素だとしています。

特性論(BigFive)の尺度 非認知能力の要素
誠実性 主体性・自己管理能力
協調性 協調性・共感性
情緒安定性 自己管理能力
開放性 問題解決力・創造性・探究心
外向性 コミュニケーション力・主体性

一般財団法人日本生涯学習総合研究所「非認知能力」の概念に関する考察から加工

Lucky
Lucky

確かに、両者は似ている部分がありますね。

一方、パーソナリティ理論と、非認知能力の考え方では相反する部分もあります。

パーソナリティ理論では、人の特性は生まれつきのもので、年齢や環境やその人の努力によって少し変わることはあるけれど、基本的には変えることができないとされています。

非認知能力は学習することにより育成・習得ができる能力として捉えられています。

非認知能力の研究は、これまでの心理学の考え方に風穴をあけることになりました。

Happy
Happy

だから非認知能力は注目されるんだね。

OECDによる非認知能力とは・認知的スキル、社会情動的スキルのフレームワーク

出典:OECD 2015年

非認知能力は投資によって伸ばすことができるとあって、公的な機関でも研究を進めたり対応を検討したりしはじめました。

OECD(経済協力開発機構)では、非認知能力のことを社会情動的スキルと呼び、大きく3つの要素に分けて考えています。

✔ 社会情動的スキルの3つの側面
・ 長期的目標の達成
・ 他者との協働
・ 感情を管理する能力
Healthy
Healthy

非認知能力にはいろんな側面があります。

非認知能力の中で最も重要な側面・スキルは何か

 

非認知能力のさまざまな側面一つ一つを完全に分けて考えることはできません。

たとえば、「思いやり」のスキルがあれば、まわりの人を慮って「自己抑制」のスキルも磨かれることでしょう。

そして、「自己抑制」できるということが「自信」にもつながります。

しかし、これまでに多くの研究者が非認知能力の重要なスキルを定義したり、測定する方法や鍛える方法を探したりしてきました。

GRITを提唱したペンシルヴァニア大学のアンジェラ・リー・ダックワース教授

 

たとえば、ペンシルヴァニア大学のアンジェラ・リー・ダックワース教授は、非認知能力のなかでも「やり抜く力」が重要だと主張しています。

ダックワースの著書「Grit」はアメリカでベストセラーとなりました。


GRIT やり抜く力(Amazon

大きな成果を出した人の多くは、必ずしも才能に恵まれていたわけではない。成功するために大切なのは、優れた資質よりも「情熱」と「粘り強さ」――すなわち「グリット(GRIT)」=「やり抜く力」なのだ。

不変の興味を抱きながら粘り強く取り組む「情熱」と、困難や挫折に負けずに努力を続ける「粘り強さ」がそろっていれば、重要な目標を成し遂げられます。

つまり、「やり抜く力」は「情熱」と「粘り強さ」の要素でできているとダックワースは説いています。

Lucky
Lucky

「やり抜く力」は社会情動的スキルの「目標の達成」のスキルのことですね。

また、ダックワースは著書の中で、グリットのスコアの算出方法を提案し、スキルの伸ばし方について触れています。

非認知能力の親ガチャの側面について・格差は幼いころに決まる

非認知能力は育成・習得ができる能力であるとご紹介しましたが、ヘックマンによれば、とくに幼児教育への投資効果が高いといいます。

また、日本財団の調査によると、保護者の経済力のちがいによる子供の学力や非認知能力の格差は小学校低学年ですでにはじまっていることが示されています。

ジャーナリストのポール・タフによる非認知能力に関する著書

 

子どもの貧困率が50%という状況にあるアメリカでは、家庭の経済格差などによって子供の非認知能力にも大きな格差がうまれています。

幼少期の家庭への介入、保育園や学校への介入など、アメリカでは長年にわたってさまざまな取り組みがなされています。

それらの事例から非認知能力の低下の要因や、非認知能力を鍛える方法をポール・タフは詳細に書いています。


私たちは子どもに何ができるのか(Amazon

なぜ経済力がない家庭の子供は非認知能力が低下するのか

 

ポール・タフの著書の中では繰り返し逆境というキーワードを使って、家庭の経済格差により子供たちの非認知能力が伸び悩む理由を説明しています。

✔ 家庭内で起こる逆境の例
・ 虐待(身体的・心理的・性的)
・ ネグレクト(身体的・心理的)
・ 親との離別
・ 近親者間暴力
・ 依存症の家族
・ 精神疾患の家族
・ 服役する家族

 
子どもの頃に体験する逆境の数々は、Adverse Childhood Experiences(ACE)と呼ばれ、非認知能力の低下に大きく関係するといわれています。

貧困が逆境を生むことは簡単に想像できますが、日本のいわゆる普通の家庭においても、たくさんの夫婦喧嘩、子供の放置など、逆境は少なからず発生していると考えられます。

逆境にある子供たちの非認知能力低下のメカニズム

 

ポール・タフの著書では、幼い子供が逆境に遭遇すると、将来の大変な人生に備えるよう体が反応することが説明されています。

逆境は、とくに幼い時期ほど、体内の複雑なストレス反応のネットワーク──脳と免疫システムと内分泌システム(コルチゾールなどのストレスホルモンをつくり、放出する内分泌腺)を結ぶネットワーク──の発達に強い影響を及ぼす。(略)この先の人生が困難であることが信号によって示されれば、ネットワークはトラブルに備えるための反応をする。血圧をあげ、アドレナリンの分泌を増やして警戒を高める。

出典:私たちは子どもに何ができるのか Kindle p.26

幼い子供ほど、逆境による影響が大きく、大人になってもその影響が続いてしまうようです。

とくに子供が動揺しているときに、親が厳しい反応を示したり予測のつかない行動を取ったりすると、のちのち子供は強い感情をうまく処理することや、緊張度の高い状況に効果的に対応することができなくなる。

出典:私たちは子どもに何ができるのか Kindle p.30

泣いている子供を叱りつけるといったような、私達の身の回りによくありがちなコミュニケーションが引き金になって、非認知能力を低下させてしまうことがありそうです。

Happy
Happy

逆境と非認知能力は大きく関係しそう。

ポール・タフのいう幼い時期とは何歳までを指すのか

 

出典:日本スポーツ振興センター「スキャモンの発育型」

幼い時期に逆境を経験することが非認知能力に悪い影響をあたえるとなると、気になるのはいつまでなら挽回できるのかということです。

生まれてから3歳までの間に逆境を経験した子供はストレスに弱く、大人になってPTSDなどの発症をきっかけに心理学的療法を受けた場合も回復が遅いと言われています。

しかし、神経の発達やニューロンのネットワークの発達は3歳以降も続くとされており、年齢に関して明確な線引はまだできないと言わざるをえません。

Lucky
Lucky

参考になる研究を見つけることはできませんでした。

ポール・タフが著書にちりばめた非認知能力を鍛えるための様々なヒント

 

ポール・タフは、逆境のなかで育った子供たちであっても非認知能力を伸ばす様々なヒントを著書にちりばめています。

子供が瞬間的なストレスに対処するのを助け、怯えたり癇癪を起こしたりしたあとにおちつきを取り戻すのを手伝うことのできる親は、その後の子供のストレス対処能力に大いにプラスの影響を与える。

出典:私たちは子どもに何ができるのか Kindle p.30

子供の気持ちをよく観察し、適切なタイミングで声をかけてあげるだけでも、非認知能力を伸ばすことにつながります。

子供たちの人生の軌跡は、大人にとってはたいして重要でもないように見える些細な物事から変わりはじめる。親の声の調子。教師が付箋紙に書くメモ。数学の授業のやり方。難題に直面した子供の話を聞くために、メンターやコーチがほんの少し余分な時間を取ること。

出典:私たちは子どもに何ができるのか Kindle p.143

周囲の大人の地道なとりくみを積み上げていけば、子供たちの非認知能力を伸ばすことができると考えられます。

子供の非認知能力を伸ばすことを考えるとともに、ボトルネックの解消を!

子供たちが非認知能力を獲得していくにあたって最大の壁となるのは、子供たちが幼少期に体験する大人たちの言葉の暴力や、無関心なのではないでしょうか。

時計を巻き戻すことはできませんが、子供たちにこれから降りかかる逆境をとりのぞき、少しずつ非認知能力を鍛えていく努力はできます。

大人たちが子供たちの非認知能力を鍛える(または、伸びをさまたげない)ために、何ができるのか、2つのアプローチで考えてみました。

引き算のアプローチ:ネガティブな環境を取り除く

 

子供が非認知能力を伸ばそうとしているときに、大人たちが足を引っぱってしまってはいけません。

まずは、ネガティブな要素を無くしていく努力が必要です。

✔ 家庭内で起こる逆境をとりのぞく
・ 手をあげない、叱らない、子供の性の尊重
・ 十分な食事や衣服や医療
・ 十分なスキンシップ
・ 子供と過ごす間は携帯を見る時間を削減
・ 子供の目の前での夫婦喧嘩を改める

 
逆境をとりのぞく対策は、なるべく早めに始めるべきです。

Lucky
Lucky

どのご家庭でもかならず取り組むべきだと思います。

足し算のアプローチ:子供を愛情をもって見守り、信頼し、人間として尊重する

 

ご紹介した書籍等を参考にしながら、子供との時間を確保し、グリット等のスキルを伸ばす方法も挙げてみます。

✔ 家庭内でできるケア
・ 絵本の読み聞かせ等で親子時間を確保
・ キャンプ等で濃密な家族時間を確保
・ 生来の気質でなく努力や挑戦を褒める
・ 適切な難易度の魅力的な目標を設定する
・ 集中して作業できるよう部屋を整える

 
絵本を読む、キャンプに行く、といったイベントを伴うことで、毎日あるいは定期的な時間枠を大人が子供のために確保することができます。

また、褒め方を工夫すると子供の自己肯定感が上がり、情緒が安定しますし、適切な目標や集中できる環境は、子供のグリットのスキルを伸ばします。

キャンプを使った子供の非認知能力の育て方・大人と子供で取り組む

キャンプは非日常を楽しむアウトドアのイベントであり、さまざまな経験を通して子供の成長を後押ししてくれます。

✔ キャンプで経験すること
・ 家族や友人の連携
・ 薪や火の取り扱い
・ 食材の取り扱い
・ 自然をあじわう
・ 虫や雨をしのぐ
・ パソコンやテレビのない空間
・ 寄り添って寝るぬくもり

 
キャンプでの生活は一泊か二泊がせいぜいで、車などでの移動や設営・撤収の時間を考えると、あまり長い時間をキャンプでともに過ごすことはできません。

しかし、キャンプ場は仕事のためのパソコンやテレビがなく、携帯を見ないで子供に集中できる環境があります。

また、自然に囲まれて非日常を過ごすことで、普段の自分たちの習慣を客観的に見る機会ともなりえます。

Healthy
Healthy

子供の非認知能力を伸ばすきっかけにはできると思います。

非認知能力を伸ばす上で、キャンプをより効果的なものにするために、念頭に置いておくべきことをまとめました。

まずは子供とのスキンシップをたくさんとる

 

日常は忙しく、子供とのスキンシップや会話がたくさんできない場合でも、キャンプではそれなりにまとまった時間をとることができます。

おもいっきりハグしたり、寝袋でいっしょに温まったりして、たっぷりとスキンシップをとりましょう。

子供の行動を観察して成長したポイントや挑戦している様子を褒める

 

子供のさまざまな作業を観察して、うまくできた動作を褒めてあげましょう。

また、いつもは声掛けできないでいる成長ポイントについて、言葉にして指摘してあげましょう。

Healthy
Healthy

たくさん野菜を食べられるようになったね。

また、手伝ってくれたことに対して感謝を伝えると、子供の自己有用感が高まります。

子供にとって逆境となるような夫婦喧嘩の原因、喧嘩のやり方について話し合う

 

キャンプのような非日常を一緒に過ごすと、いつもは話せない話題を出しやすい雰囲気になることがあります。

キャンプのような場所でリラックスしながら話し合い、子供の前で喧嘩をしてしまった場合の対応を事前に決めておけば、子供へのダメージを減らすことができます。

Lucky
Lucky

事前に話したいことを準備しておきましょう。

大人が自分の習慣を見つめ、逆境を生んでいないかチェック

 

ついつい、テントのパーツをいじっている子供を遠ざけたり、大声をあげてさわぐ子供を叱ったりしていませんか。

テントのパーツの説明をして触らせてあげたり、大声を上げる理由を観察したりたずねたりする動作におきかえ、コミュニケーションを促進しましょう。

そして、大人たちが無意識にとっていた行動や習慣を見直すきっかけとしましょう。

キャンプで体験できることを思いっきり子供と一緒に楽しむ

 

子供はキャンプを通して自然を満喫し、多くを学びます。

✔ キャンプ場で子供が学ぶことの例
・ 外にはたくさんの生き物がいる
・ 外は夜になると気温が下がる
・ 外は夜になると暗い
・ 空には星がいっぱいある

 
大人が一緒になって楽しみ、子供の学びをフォローすることで、子供の知識は点から線、面へとスムーズに変わっていきます。

また、子供と大人の共通の体験が、キャンプ場から帰ってきたあとの活動にも生かされます。

キャンプを終えた後が非認知能力を鍛えるうえでの本番

キャンプでの体験は、子供にとっては新鮮で楽しく、場合によっては衝撃的なものです。

キャンプを終えた後であっても、非認知能力を伸ばすことに使わない手はありません。

キャンプで得られたことを子供の非認知能力の糧にしていくためには、家に帰ってからの活動が重要です。

キャンプにおいて出会った生き物・体験・気づいたことを復習する

 

子供が初めて見た虫や鳥、植物などの生き物、初めてさわってみた道具や薪、食材、周囲にたちこめた霧などの現象について、子供にとって印象に残ったものを聞いてみましょう。

また、図鑑をひっぱりだして、説明がのっていないか調べてみましょう。

子供と次のキャンプでやりたいこと(目標)を話し合う

 

たとえば、キャンプに行くと周囲が暗いため、天の川や星座がよく見えますし、流れ星を見かけることもよくあります。

子供はそういった体験から、次はもっと星を観察したいと思うかもしれません。

キャンプで楽しかったことや面白かったことを子供から聞いて、次のキャンプでやってみたいこと、次のキャンプまでにやってみることを一緒に計画しましょう。

最後に

子供の非認知能力を伸ばすには、単に幼児教育をおしすすめたり、遊び方を工夫したり、自然の中に身を置いたりする対策だけでは足りません。

逆境から子供を守り、子供がグリットを獲得するのを邪魔しないようにすることも必要です。

しかし、難しいことを考えるのはあとにして、まずは子供と楽しめるイベントを開拓していきましょう。

Lucky
Lucky

きっとたくさんのヒントを得られます。

コメント