布絵本を手作り絵本で幼児教育

0歳の赤ちゃんの布絵本・安全で分かりやすい構成を考える

布絵本を手作り

制作は行き当たりばったり

0歳の赤ちゃんに相応しい布絵本ってどんなものだろう、ということで、布絵本を研究。

その結果、今後赤ちゃんの身の回りに登場しそうな植物や動物、虫などをちりばめた絵本を作ることになりました。

今回は最終的に採用したアイデアと、出来上がった布絵本をご紹介します。

布絵本のあらすじを検討

design

メモ帳に描いた図案を、コピー機でA5まで引き伸ばして、型紙としました。

しかし、作成している途中でアイデアが浮かび、少しずつ変化していきました。

布絵本の最終的なあらすじのイメージ

決まったあらすじはありませんが、物語を解する月齢になったら以下のようにお話を組み立てようかと思っています。

owl

(右側の表紙)明け方。ねこは朝ごはんにお魚を食べます。

tulip

ちょうちょはチューリップのみつを吸います。

いぬは朝のお散歩。

bear

ちょうちょが飛んでいくと、お昼ごはんにくまがどんぐりを食べていました。

うさぎもにんじんを食べています。むしゃむしゃ。

elephant

ちょうちょは、鼻の長いぞうにも出会いました。水をぞうはおいしそうに飲みます。ごくごく。

首の長いきりんにも出会いました。たてがみが立派です。

owl

(左側の裏表紙)あたりはすっかり暗くなって、お月さまが出てきました。

ふくろうはホーホーと鳴いています。おやすみなさい。

布絵本の中に組み込んだしかけ

必ず一つのページに一つ以上のしかけや触り心地の違う箇所を盛り込むことにしました。

fish

ねこの足の下には魚が隠れています。しっぽも自由に動きます。

tulip2

チューリップがポケット状になっていて、ちょうちょを中に入れることができます。

play-with-butterfly

ちょうちょは赤ちゃんの注目の的。こわれませんように。

ちょうちょはkashwereのタオルに付いているちょうちょのぬいぐるみのデザインに合わせています。

 

dog-ear

犬の耳はやわらかい触り心地です。赤ちゃんに見せると、指でなでて楽しんでいます。

towel-bear

くまはタオル地でつくりました。荒い質感にしています。

rabbit-ear1

うさぎは、耳を下げて、『いないいない…ばあ!』ができます。

rabbit-ear2

耳を少しきつく留め付けているので、耳を抑えていた手を離すと顔が現れます。

うさぎはkashwereのタオルに付いているうさぎのぬいぐるみのデザインに少し合わせています。

kashwereアニマルミニブランケット バニー

drinking

ぞうは、平面上では水たまりにはなをつけることができません。

でも、布絵本ですから、読者が知恵を出せば水を飲むことができるんです。

giraffe1

きりんには刺繍糸でタテガミをつけて、フェルトやファーとは違った質感にしてみました。

giraffe2

二本取りの刺繍糸を刺し、裏で玉止めして再度表へ針を刺します。そして長さを揃えてカットしています。

tag

タグもサテンのリボンで触り心地を重視。

布絵本を作ってみて

家事や育児をしながらの制作は、思いの外時間がかかります。私の場合、1ヶ月以上かかりました。カーペットの上に座ってチクチクと縫っていたところ、腰痛になりました。

はじめての制作で、本全体のデザインがまとまっていなかったり、あまりチャレンジングな色使いができなかったりと、心残りはたくさんあります。

しかし、苦労の末完成した布絵本の表紙につけた猫を赤ちゃんに見せて、「にゃー」と鳴き真似をしたときに、赤ちゃんがケタケタと声を上げて笑いながら手を伸ばしてくれたとき、すべての苦労が報われたのでした。

コメント