幼児の着物と袴

赤ちゃんの着物と袴の作り方・お食い初め、お正月、初節句に

幼児の着物と袴

私の考えた着物と袴の作り方

自己流に、赤ちゃんが着るべき着物と袴の作り方を考えました。

赤ちゃんのお世話をしながらでも、なるべくシンプルに縫えるようにしています。

※ご質問あれば、コメントにてお願いします。

着物の設計図と作業手順

まずは着物の作り方を解説します。

着物のデザインコンセプト

 

夏に生まれた赤ちゃんが、年末年始と初節句(生後4〜6ヶ月)で着るためのサイズ感で設計しました。

私の子供の場合、1歳ちょうどでもなんとか問題なく着られました。
 

袴をはかせることを前提に、身丈は短くしています。

図中の表記について

 

図中の赤っぽい模様がおもての生地(私はちりめんで作ったため、以下「ちりめん」と記載)の表側、ピンクはちりめんの裏側、黄色の模様は裏地(以下「ガーゼ」と記載)の表側を表現しています。

黒い破線はミシンや手縫いで平縫いする箇所、黒いジグザグはミシンでジグザグ縫いまたは手縫いでコの字綴じする箇所を表現しています。

みごろとそでのパーツを作る

 

kimono1

みごろの上部は、①で裏返したまま開けっ放しにして、⑦のあたりで各パーツをコの字綴じするときに、ついでに閉じてしまいます。

振り袖の曲線はフリーハンドで大丈夫ですが、左右対称となるようにします。

袖口の布の端がめくれてくるので、⑤のあとで袖口の縁を縫って固定してもよいと思いますが、私は時間がなかったので設計図どおりのままにしました。

パーツをつなげてえりを作る

 

kimono2

脇は、赤ちゃんの足がバタバタ動くことを想定して、一番下まで縫わないことにしました。

赤ちゃんの首は大人のようにすらりと長いものではないので、バランスを考えて、えりを細めに設計しています。

女性の着物らしさを出すなら、みごろの斜めのカットを深めにして、えりの幅を太くしてもよいと思います。

仕上げ

 

kimono3

立体的にパーツを組み立てた後に、えりをキレイにつけられるかが勝負です。

私の場合は、袴でえりの端部が隠れるので、左右対称に関してはこだわらず、首周りが美しくなるように神経を集中して、端から一気に縫い上げました。

着物というのは、反物を直線的に縫って仕上げる服です。

ミシンを使う段階からは、直線的に縫う作業が多く、布のカットと比べるとスムーズに作業が進むと思います。

袴の設計図と作業手順

次に、袴の作り方を解説します。

袴のデザインコンセプト

 

赤ちゃんの袴は、何度も着せるたぐいの服ではありません。

少し着脱が面倒かもしれませんが、ロンパースのように前で開閉するのではなく、足を通して履くタイプにしました。

大人(ヒップ90cm)のショートパンツを作る要領で途中まで作り、ヒダを寄せます。ヒダを美しく見せるために、ヒダのある部分にはゴムを通さないデザインとしました。

図中の表記について

 

波の柄が生地の表、水色が生地の裏です。

一点鎖線はカットする部分、破線は縫うべき場所を表現しています。

生地をカットして縫い合わせる

 

大人の女性のショートパンツをまず作ってから、ヒダを寄せることで袴のようなフォルムに仕上げていきます。

仕上げ

 

本来の袴であれば、前後のヒダの上についている帯で胴回りを一周させ、前にきた帯でリボン結びします。

私の場合はヒダの折返した部分を長方形の布で隠して、リボンを留め付けました。

袴のウエストに入れるゴムについて

 

ゴムは二箇所、ウエストの内側で通します。

ゴムの輪っかの内側の縫うべき箇所を「●➖➖➖➖●」と描いていますが、●のところにゴムの力が集中するので、縫う時に補強しておいてください。

●と●の間の縫う箇所「➖➖➖➖」は、ゴムの重なりを防いでウエスト部分を平らに仕上げる工夫なので、省略しても大丈夫です。

袴の裏地は不要

 

私は、布をカットしたら、図で記載した箇所以外も全部、周辺をジグザグ縫いしました。着物の生地は端部の強度が出て加工しやすくなります。

裏地を付けない袴の場合、周囲のジグザグ縫いで耐久性があがります。

袴のヒダのウエスト部分の処理

 

上が後、下が前のヒダです。

四角い布(15cm×4cm)の周囲を5mmほど折って周囲を縫ったものを前のヒダの上にとめつけました。後ろは省略しています。

ちりめん、ガーゼ、ブロード生地の扱いについて

私は生地選びについては色々と苦労しました。
 

ちりめんのメリットや扱い方の注意点

 

私の場合、着物の柔らかい感じとシボの光沢とを求めて、ちりめんを材料に選びました。

ちりめんの着物はシワがつきにくいので、保管は楽です。

その他、ちりめん等のやわらかい生地を扱う際に気をつけることについては以下の記事を参照ください。
 

着物の裏地はあったほうがよい

 

裏地にはダブルガーゼを選びました。

夏以外の季節に着る「袷の着物」は、裏地がついていて、振袖からちらっと見えることがあります。ダブルガーゼはそんな裏地の代わりです。

ちりめんと縫い合わせると、着物がしっかりします。

ちりめん以外でも美しい作品になる

 

ちりめん以外の着物生地でも素敵な作品を作られた方がいて、写真を送ってくれました。

こんなかんじで工夫しました、といったエピソードや作品のお写真、もしよろしければお送りください。ブログ掲載OKな方はその旨もお願いします。

自作したら赤ちゃんとスタジオに行ってみて

こちらは生後6ヶ月の写真です。

手で支えてあげると立てるようになったので、立ち姿で自宅で撮影してみましたが、子供は動き回るし、専用の照明もないなかでの撮影は大変でした。

Lucky
Lucky

自作したら是非スタジオで撮影してもらってくださいね。

着物と袴は作ったもの勝ち

多少うまくいかない部分があっても、着せてみるとシワで隠れたり、赤ちゃんの笑顔に目が行ったりで、あまり目立たないと思います。

赤ちゃんというものは、何を着せても可愛くなるものです。

もし時間が許すようであればぜひチャレンジしてみてください。

コメント

  1. くりーむパン より:

    はじめまして!
    3ヶ月の娘を育てています。
    生後100日のお祝い、お食い初めのために着物と袴作りたいと思い
    検索していたところ、こちらの記事に出会えました。
    裁縫未経験でしたが、出産を機に買ったミシンで頑張って作りました!
    とてもわかりやすい説明のおかげで、育児の片手間で1週間かかりましたが
    なんとか仕上がりました。
    写真スタジオに持ち込んでプロに撮ってもらう予定です!

    いずれは布絵本も作ってみたいと思います。
    ありがとうございました!

    • Lucky LH より:

      ブログを見てくださってありがとうございます!!
      仕事復帰してからというもの、なかなかPCを立ち上げる日も少なくなり、ようやく本日コメントいただいていたことを認識いたしましたm(_ _)m
      頑張って作り方をアップしたものの、果たして、見た方がこのまま作れるものなのかどうか、わからずにおりました。説明不足でおこまりのことも多々あったでしょうに。
      でも、本当に嬉しいです。

      • ユイ より:

        はじめまして。
        娘の初節句に袴ロンパースを作りたくて、作り方を色々と探しておりましたところ、
        LHさんのブログを拝見し、本格的な見た目の袴に一目惚れ、是非参考にさせてもらおうと思っております。
        そこでご質問なのですが、
        襟を太くする場合、みごろの方の襟の部分を少しカットしたほうが良いのでしょうか?
        また、袴で②おしりの部分をカーブを描きカット、のところで
        縦は32センチカットし、横は何センチカットすれば良いでしょうか?
        当方恥ずかしながらミシンの使い方もうろ覚えな初心者でして…
        ご教示いただければ嬉しいです。
        宜しくお願い致します。

        • Lucky LH より:

          ユイさん
          コメントありがとうございます!!とても嬉しいです。
          ご質問のうち、襟を太くする場合についてですが、私も同じことを考えていました。
          私も、みごろの方の襟の部分を少し深めにカットしたほうが良いと思います!
          次のご質問ですが、袴のおしりの部分のカーブを測ってみました。
          縦は32cm、横は10cm程度でした。
          たくさん履くものではないので、裏の処理は適当で、お恥ずかしい状態なのですが、
          ご参考まで、期間限定で、裏側の写真を掲載します(汗)。

          • ユイ より:

            LHさん
            早速のお返事ありがとうございます!m(_ _)m
            そうですよね、みごろの襟の部分は少しカットしようと思います。
            袴のお写真もわざわざありがとうございます。助かります( ; ; )

            もう一点お伺いしたいです。
            袴の方は裏地をつけていないようですが、
            必要なさそうでしょうか?
            私が袴用に買った生地が薄いのかもしれないのですが、
            一枚で作るとちょっと頼りなさそうかな…?と感じます。

          • Lucky LH より:

            ユイさん
            生地を見てみないとわかりませんが、強度と暖かさの観点では袴の裏地は必須ではないと思います。
            たしかに、作る前は、薄い生地だと心もとない感じがしますが、全てを縫い合わせてみると、ウェストと裾の折り返しがありますし、袴のひだを少し縫うので、出来上がりはしっかりしますよ。
            寒そうだと感じたら、下に薄手の服を着せることもできます。
            でも、裏地を付けたら、耐久性と暖かさと見た目の美しさがアップすると思います!

          • ユイ より:

            LHさん
            そうですよね、分かりました!
            参考にさせてもらいますm(_ _)m
            お忙しい中、お返事ありがとうございました!
            またご質問させていただくかもしれませんが、
            その時は宜しくお願い致します!
            ご縁に感謝いたします(*^^*)

          • Lucky LH より:

            ユイさん
            こちらこそ、引き続きよろしくお願いします^_^
            ご縁をいただいて嬉しかったです。

  2. ユイ より:

    LHさん
    度々申し訳ありません…。
    行き詰まってしまったところがありまして…お時間がある時に教えていただけると有り難いですm(_ _)m

    袴の仕上げの前まで縫い終えました。
    ヒダの幅を前は2.5センチ、後ろは2センチということですが、
    赤ちゃんの体のサイズを見ながら、というのは多少幅を広げても問題無いということでしょうか…?

    もう一点お伺いしたいのが、
    ヒダのない脇の内側にゴムを通すというのは、
    どうしたらできますでしょうか?
    ヒダがある部分にはゴムをつけないとなると、どうしたらいいんだろうとかなり考えてはみたものの、わからなくて…お聞きすることにしました。
    宜しくお願い致しますm(_ _)m

    • Lucky LH より:

      ユイさん
      ご紹介している袴のデザインは、男性のズボン型の袴と、女性のスカート型袴の融合したもので、そもそも、かくあるべき、といったものではありません。
      多少幅を広げても問題無いと思います!
      また、袴のゴムについては、写真を後ほど載せてみますね。

  3. ユイ より:

    LHさん
    そうなのですね、わかりました!
    ありがとうございますm(_ _)m
    宜しくお願い致します。

    • Lucky LH より:

      ユイさん
      解説と写真を追加しました。こちらでわかりますでしょうか??
      ご確認くださいませ。

  4. ユイ より:

    LHさん
    ご丁寧にありがとうございますm(_ _)m
    このようなやり方があるんですね!!
    早速やってみます。
    お忙しい中本当にありがとうございました!!