絵本で幼児教育

ノンタンを通して良い絵本・物語の奥行きを考える

絵本で幼児教育

どんな絵本も子供の糧になる

 

絵本のべ1万冊目指して、とりあえず1年間以上、毎日10冊、のべ3600冊あまり読み聞かせてきました。絵本の読み聞かせをしていると、どんな絵本であっても、子供の様々な反応が得られ、時には絵本の内容に関して質問されることもあります。

子供との絵本を通じたコミュニケーションの中で、「良い絵本」について、改めて考えさせられたことををご紹介します。

子供は絵本から密かに多くを学んでいる

ノンタンは人気があるため、批判の的にもなりやすい絵本です。でも、さまざまな絵本を読み聞かせてみた私に言わせれば、ノンタンは間違いなく、オススメの絵本です。

ノンタンを通して行われた会話

 

最近、私と子供との間で、以下のようなやりとりがありました。

ノンタンいたいのとんでけ〜☆ (ノンタン あそぼうよ17)(Amazon)

子供が持ってきた「いたいのとんでけ〜」を読んであげていました。

冒頭、ノンタンが赤い自動車に乗って遊んでいると、タータンが乗り込んできました。ノンタンは怒って、タータンを自動車からおい出す、そんな場面から物語は始まります。

押し出されて転んだタータンは、怪我をしてしまいます。そこで、ノンタンは、タータンの前にしゃがみこみ、タータンの膝をケアすることに。

出典:絵本ナビ「ノンタンいたいのとんでけ~☆」

すると、子供が、タータンの膝をなでなでするノンタン(2つ目の絵の左側)を指さして、「ノンタン、車、降りちゃったね!」と指摘しました。

私は最初、子供が何を言いたいのか分からず、「タータンのお膝をなでなでしてるね。」と言うと、子供は「ノンタン、赤い自動車、好きなのにね!」と言います。

どうやら、ノンタンが、大好きな赤い自動車に乗り続けることよりも、タータンのケアをすることを優先したことに、子供が疑問を持っていたようです。

まるで小学校の国語の授業で議論されるような内容ですよね。子供は、大人の想定以上のことを、絵本から学んでいるように感じます。

大人から見える絵本の物語の「奥行き」

 

絵本の読み聞かせを始めてから、関連する著書も手に取るようになりました。ところが、ノンタンに関して、良い面を素直に書いている本には、まだ出会ったことがありません。出版当初から、批判にさらされてきました。

例えば、10年間幼稚園で、その後保育士として保育園で勤務され、青山学院女子短期大学等で講師をされていた中川柾子さんの著書では、ノンタンの物語の「奥行き」について、以下のように評価されています。

絵本の本 (福音館の単行本)(Amazon)

主人公の子ねこが、いろいろないたずらや失敗をくりかえす「ノンタン」シリーズは、子どもたちに、そしてお母さんたちにも人気の高い絵本です。(略)けれども、子どもたちの日常の姿をそのままなぞっているだけで、日常から離れて何かが起こるということはなく、物語が深まっていかないのです。(58ページ)

中川さんから見ると、ノンタンの物語は深く感じられないようです。しかし、前述のように、子供は大人の想定以上のことを、絵本から見出しています。子供から見たノンタンの物語に、奥行きがないとは考えにくい、というのが私の感想です。

物語の奥行きは子供が決める

大人にとって「日常」の世界が、簡潔に描かれているノンタンは、評論家にとって面白みに欠ける絵本なのかもしれません。

しかし、その「日常」を切り取って絵本にしたキヨノサチコさんの手腕も感じられます。

中川さんがおっしゃるように、物語の奥行きがある絵本が「良い絵本」(※文章中は「いい絵本」)なのだとしても、良い絵本かどうかを判断するにあたっては、まず、絵本に関して子供が感じている物語の奥行きを、会話を通じて注意深く観察する必要がありそうです。

コメント