直母目指して

直母を目指すにあたっての心構え・子育て経験者の助言をもらう

直母目指して

直母を目指すべきなのか

私は、直母の必要性を強く感じて、練習と搾乳とを繰り返す日々を過ごしていました。

しかし、なかなか赤ちゃんが直母に移行する兆しが見えません。

多様な意見に翻弄されて悩んでいる私に、二児の母となっていた友人がくれたアドバイスを今回はご紹介します。

搾乳から直母に移行することを目指した記事をまとめたダイジェスト版は以下を参照ください。
 

私が直母を目指した理由

 

直母ができなかった当時、様々な不安が私を襲いました。

栄養やケアが足りているのか不安

 

新生児って、ふにゃふにゃで、頼りなくて、目を離せません。

出産直後の母親はホルモンバランスの影響で情緒が不安定になります。

栄養が足りていなかったらどうしよう、ケアが行き届かなくて赤ちゃんがうまく成長していかなかったらどうしよう、といった数々の不安が頭をよぎります。

母子のつながりが薄らぐ不安

 

これは産後のホルモンバランスによる影響が大きいと思いますが、直母ができないと、子供との繋がりが薄れてしまうような感覚を覚えました。

噛む力や顎の発達などに関する不安

 

直母じゃないと、噛む力が弱い子供になるという話も聞いたことがあります。

哺乳瓶でミルクを与えられた場合、ミルクが吸わなくても口の中に落ちてきます。

最近では飲むために力強く吸わねばならない乳首も販売されていますが、直母に勝るものはないように感じました。
 

非常時に関する不安

 

私の場合、大阪や北海道の震災後のタイミングで出産しました。

自分の住む街のまわりで大災害が発生して、物流網が寸断したり停電になったりして、粉ミルクや安全な水、お湯を沸かす手段などがなくなったらどうしようか、なんて考えたりもしました。
 

不安解消への糸口としての直母

 

赤ちゃんに、母乳という安全安心な栄養をたっぷり届け、スキンシップをほどこし、お口まわりの健康を保ち、災害対策※を万全にするために、直母できる状態を目指したいと強く思ったのでした。

※ただし、友人のアドバイスでも触れられているのですが、被災者の中には、ストレスで母乳の出が悪くなる方がいらっしゃるようです。

Lucky
Lucky

直母ができるからと言って、ミルクの備蓄は怠れませんね。

周囲の反応や意見は様々

私の入院した産院の医師や助産師たちは、無理して搾乳することで母体に負担がかかることを心配する立場にありますから、搾乳に対して積極的でない印象がありました。

母乳外来の助産師は、ニップルを使ってでも母乳を与えるべきと考えているようでした。

親に相談してみると、昔の知識しか持ち合わせておらず、分からない、の一点張り。

ネットは、直母を目指すことが大変むずかしいと感じる人達の意見で溢れていました。

私が悩んだこと

事前にたくさんの情報を得ていたにもかかわらず、赤ちゃんが生まれさえすれば、直母が当たり前にできるものと私は楽観的に考えていました。

出産してみると想定外のことばかりでした。

赤ちゃんの口が小さく吸う力が弱い

 

私の赤ちゃんは帝王切開で生まれてきたためか口が小さく、乳首をうまく咥えられないことが、授乳にまつわる当時の1番の悩みでした。

また、母乳を吸う力が弱く、少し赤ちゃんが成長した時点で乳首を口にあてがっても、うまく吸うことができませんでした。

赤ちゃんに吸われなければ乳首が吸いやすい形にならない

 

母親の乳首というのは、赤ちゃんに吸われることで簡単に変形していきます。赤ちゃんの吸う力があれば、親の乳首の形は問題になりません。

私の乳首の形は、元々直母に適したものではありませんでしたので、吸われて改善していく必要がありました。

しかし、私の赤ちゃんは口が小さいので形の悪い乳首をうまく咥えられませんし、吸う力が弱いため乳首の形も改善していきません。

搾乳すると眠る時間が削られる

 

直母をしたければ、母乳量を維持する必要があります。3時間おきに搾乳しないと母乳量が増えていきません。

しかし搾乳の作業は大きな負担となります。

一日中、3時間おきに搾乳し、器具を洗浄し、消毒し、赤ちゃんに授乳します。私は寝られません。

見通しが立たず家族にも負担がかかる

 

3時間おきに搾乳をするとなると、搾乳器を胸に当ててばかりで家事に全く協力できません。

頑張って搾乳しているのに、出産後1ヶ月経った時点で、赤ちゃんに必要な量の半分も母乳が出ません。

いつまで続くか見通しの立たない中、実家の母も徐々にうんざりした様子になりました。

疲労とイライラと後悔

 

出産直後から搾乳を開始できなかったことが、悔やまれます。

くたびれた私は、もはや、何を目標に何をすれば良いのか分からなくなりました。

私の考えた選択肢

 

「頑張っても、直母できなければ、いたずらに消耗するだけで意味がない。」

見通しが立たない中、もんもんと以下の4つの選択肢を考え、どうしたらよいかLINEで友人に相談しました。

1.完母を目指して、引き続き取り組む。授乳のたびに乳首を咥えさせて練習してから、搾乳とミルクを与える。
2.ニップルで飲めればよしとする。ニップルでの直母とミルクとを与える。
3.母乳を飲んでもらえればよしとする。搾乳とミルクを与える。
4.完ミでよしとする。

友人のアドバイス

そんな私の悩みに対する友人のアドバイスは力強いものでした。以下、友人のLINEの内容を抜粋します。

目標とすべきこと

 

生後1ヶ月で、そういった目標を決めるのは難しいと思うよ。その日その日の積み重ねで、どんどん状況が変わっていくと思う。

目標と言っても、赤ちゃんが主役で、母親だけが努力すれば達成できるものでもないしね。
今までは自分が努力すれば何とかなってきたから、私はそのギャップに苦しんだよ。

震災とかあるって話だけど、母親もそういうときになると、母乳が出なくなっちゃうって話も聞くよ。

今振り返って思うのは、目標は、赤ちゃんがおっぱいでもミルクでも飲んで、どんどん大きくなっていってくれることだと思うよ。

3.の「母乳を飲んでもらえればよしとして、搾乳とミルクを与える。」が近いと思う。

母乳に固執しない

 

でも、当時の私は、母乳であげたい一心で、搾乳とミルクで育児することに納得できなくて、心身ともに疲れていたと思う。

早めに復帰するなら、ミルクでもOKにしておかないと、おっぱい離れが大変だし、あまり母乳に固執しない方がいいと思うよ。

半年後には離乳食始まるし、おっぱいが全てではないので、息抜きしながらね!

私の結論

私はこのアドバイスをもらって、友人も同じように悩んでいたことを知りました。

無理せずやめちゃえば?とバッサリ言われてしまうことも想定していたのですが、現状を肯定されたような感じがして、なんだかほっとしました。

「授乳期間なんて、あっという間に終わるわけだし、搾乳したおっぱいを赤ちゃんに飲んでもらえれば、搾乳自体、無駄ではない。」

搾乳を続けると、睡眠時間が少なくなるし、指の腱鞘炎もひどくなるばかりですが、あまりイライラしないで、もうしばらく、このまま頑張ってみようと思ったのでした。

直母を目指した経緯を記した他の記事

その後も直母に向けた挑戦を続けた結果、2ヶ月で搾乳なしの「半ミ」にまでこぎつけました。

赤ちゃんが直母をできるようになると、飛躍的に母乳量が増え、8ヶ月目、会社に復帰するころには1回あたり130mlほど搾乳で得られるようになりました。

出産から2ヶ月間の授乳にまつわることをまとめた記事をご紹介します。

出産直後から赤ちゃんの退院まで

 

退院までに揃えた授乳グッズ

 

退院直後から母乳外来に通う(今見ている記事です)

 

退院から1週間目

 

子育て経験のある友人からアドバイスをもらう

 

退院から2週間目

 

腱鞘炎対策を考える

 

退院から3週間目

 

退院から4週間目

 

退院から7週間目

 

コメント