一級建築士の合格ノート

一級建築士の製図スピード対策・問題点の具体的な分析方法

一級建築士の合格ノート

作図のスピードアップに妙薬はあるか

資格学校では2時間半で作図を完成させて、残りを全てチェック時間に回すように言われました。最近の試験傾向として、補足をたくさん書き込む必要が出てきていたためです。

でも、平成27年の当初、私は作図に10時間ほどかかっていました。

平成28年になっても全てを書き終えるためには5時間以上要したため、試験時間内に課題を終えることはできませんでした。

こんな私の行ったスピード対策をまとめました。

作図順序を叩き込む

まず、作図手順が頭に入っていないから、スピードが上がらないのではないかと考え、手順やかけるべき時間をまとめてみました。

効果の程はわかりません。これをまとめた前後の課題で比較しても、あまりスピードがアップした形跡はありませんでした。

細かく分析する

なかなかスピードが上がらないことに危機感をつのらせていると、周囲で見ていた家族からの助言がありました。

スピードアップといえば、F1レースの取り組みが参考になるのではないか。
ドライバーはテスト走行の際、チームにマシンの良くない部分のフィードバックを行うことで少しずつ改善していく。
フィードバックの内容は多岐にわたり、しらみつぶしに対応していくことで、1分、1秒のタイムを稼ぎ出している。

これまでまとめてきたノートの活用

 

スピードを上げる為に、藁をも掴む気持ちで、F1レーサーになったつもりで(笑)作図練習とその分析を淡々と行っていくことにしました。

資格学校では、1/200の模範解答を1/400でノートに描き溜めたものを、さらに、1/200で作図する練習が奨励されていました。

私は、この練習がとても苦手でしたが、とにかくやってみることにしました。

一つの課題を何度も作図するのではなく、毎回課題を変えることで、どの課題にも共通して現れる問題点を洗い出し、解決策を探そうと考えました。

かかった時間を分析する

 

作図でかかった時間は、製図用紙の端にこまめにメモすることにしました。

柱まで終わったら『柱○○分』、下書きが終わったら『したがき○○分』、壁や開口部が終わったら『かべ○○分』といった具合に殴り書きます。

壁の縦線と横線それぞれの時間も計測して、細かく分析できるよう試みました。

ノートに分析のための表を作成する

 

作図練習を行う度に、模範解答と自分の作図とを見比べて分析したことや、各作業に要した時間等を、表を作って書き込んでいきました。

一番上に課題名、一番左に6段階に分けた製図作業の各段階を書いています。縦一列で1つの課題の各作業の分析を行っています。

この表では、以下の3つを重点的に分析しました。

・1/400のエスキスの表現で工夫すべき箇所を見つける
・1/200の作図でミスした部分やその原因を探す
・時間のかかった手順について、個別に対策を考えるだけでなく、全体を俯瞰した対策も考える

最初の数課題は、いくら対策を考えてもかいもく見当がつかず、途方に暮れることが多かったのが、回数を重ねるにつれて問題点が少しずつ浮き上がってきました。

作図練習は全部を通しでやる必要がない

 

ちなみに、この表は、平日の夜に作図練習した課題をまとめていて、どれも最後の第6段階までやり遂げられてません

こんな中途半端な練習でも、表に整理していくと、有意義な分析ができました

Lucky
Lucky

この分析を1年目に行っていれば合格したのでしょうか。少し悔やまれます。

作図の通し練習以外にも、補助線から柱まで、断面図だけ、といった形で、苦手な作業だけの練習も繰り返し、これも同じように表にまとめていきました。

ノートによる分析の成果

この分析を通して、いくつかの問題点を認識することができましたので、対策を講じました。

問題点とその対策の例

 

たった数秒間なのに、正確に複数の部屋名を覚えていられないことが、仕上げ段階で時間を要する原因になっていると感じたので、作図手順を思い切って一部変えてみたり、

ミスの多かった最初の補助線引きを、道具の変更でシンプルな動作に変えて、ミスを減らしてみたりしました。

作図練習中に時間が短縮しなくても製図課題の作図時間は短縮していた

 

十数課題分の作図練習と分析を続けましたが、分析の表に書き込む時間はあまり短縮しませんでした。

焦る気持ちを抱えて臨んだ資格学校の最後から2番目の模試で、ようやく時間内に完成。

当時は何が起こったのかわかりませんでしたが、とにかく模試が終わった時にホッとしたことだけは覚えています。

作図スピードが上がるまで諦めずに作図練習を重ねることが大切

作図練習中に短縮しなかったのに、模試ではうまくいった理由としては、以下のことが考えられます。

・膨大な修正時間がかかる大きなミスは、練習によって着実に減少
しかし、課題ごとの比較を行うために、大きなミスを例外扱いして分析対象から外すことが多かったので、作図時間が短縮している実感が得られにくかったと考えられます。

・書き忘れのミスをカバーしていくと、一旦は作図時間が増加
個々の作業時間が短縮していても数値に表れにくかったのではないかと思います。

・模試ではエスキスで設計内容を詳しく記憶したまま作図
作図練習では1/400の図を頼りに1/200を作図するので、1/400と1/200の間を何度も行き来する必要があり時間がかかります。

・資格学校の教室は、家より集中できる
家では途中で電話がかかってきたり家族との会話が生じたりして作業が度々中断することもありました。

つまり、作図練習中、時間が短縮していかなくても、諦めず、練習を重ねることが大切だったということになります。

コメント