一級建築士の合格ノート

一級建築士の製図の道具対策・道具との相性を考える

一級建築士の合格ノート

製図の道具対策は最後まで続く

平成27年から様々な道具を試し、製図板も平成28年の試験直前に買い換えました。試験は一瞬で終わりますが、最良のものを使いたいですね。

今回は私が使いやすかった道具と、資格学校で評判だった道具とをご紹介します。

※写真はAmazonへのリンクになっています。詳細を確認する場合はクリックしてみてください。

ムトーライナーボード A2平行定規は確実に合格したいと思う人におすすめ


ムトーライナーボード UM-06N8平行定規(Amazon)

ワイヤー式のステッドラー製の平行定規

 

資格学校で平成27年に製図セットを購入した時の平行定規はステッドラー製でした。

1年目の製図試験が不合格となり、2年目も継続して使用しました。

しかし、2年目の後半になると、定規の傾きが手の力加減で変化して、作図中イライラすることが増えました。

平行定規の端が5ミリ違うということの重大性

 

試しに、資格学校のクラスメイトの平行定規も強く押させてもらいました。すると、左右で2ミリから5ミリの差ができました。

もともと、定規を平行に動かす機構にワイヤー式を採用しているステッドラー製の平行定規は、力を左右均等に加えないと、定規が傾いてしまうようです。

私が製図に慣れてきて、勢いよく線を引くようになったので、定規を押さえる手に力が入ってズレ幅が大きくなったのでしょう。

Lucky
Lucky

ステッドラー製の平行定規を本番にも使い、ズレに気が付かず線を引いたなら、修正に何分消費していたでしょうか。。。

ベルト式のムトー製の平行定規

 

会社の一級建築士の先輩に相談したところ、昔ながらのムトーを勧められました。ステッドラーより高価で少し重たい製品でしたが、まずは自宅用に購入しました。

定規を平行に動かす機構にベルト式を採用していて安定感は抜群です。ステッドラー製と比べて、左右のズレが全くありません。

ステッドラー製の平行定規は、資格学校と交渉した結果、学校の空きスペースに置かせてもらうことになりました。

ムトー製の平行定規はケースのデザインも良い

 

ムトーの平行定規は本体もケースも黒くてカッコ良く、使いやすいので、練習中のモチベーションが上がりました

ケースが頑丈なので、一緒に入れている製図道具が外からの力で破損したり傷いたりする心配がありません。

また、ケースは不要なプリントや定規を入れたまま立てかけられるので、試験中も身の回りがすっきりして重宝しました。

本番もムトー製の平行定規を使用

 

そんなわけで、結局本番もムトー製の平行定規を使用することになりました。

試験会場でも、この黒いムトーを持っている人はちらほら見かけられました。

ちなみに、私の資格学校のクラスでは、この問題に気がついて平行定規を買い替えた人だけが合格していました。

シンプルなペン立ては案外使いやすい

 

デスコ ペンシルカップ S(Amazon)

製図中に使うペンケースを探す間、私は家にあったデスコのペンシルカップを仮に使いました。カラーバリエーションがたくさんあります。

人気のペンケースは多機能なポケット付き

 

コクヨ ペンケース ネオクリッツ(Amazon)

資格学校や試験会場では、ペン立ては、多機能なポケットのついた、自立式のペンケース兼ペン立てや、仕切りのたくさんついたプラスチックのケースなどが主流でした。

色違いの同じペンケースを持っている人がクラス内にたくさんいました。

シンプルで重たいペンケースは本番の試験会場でも安定感抜群

 

しかし、どっしりとしたシンプルなペン立てもなかなか捨てがたいメリットがあります。

試験会場の机は狭く、色々なものを置くことができません。

デスコのペン立てであれば、ペンとシャープペンとマーカー、スケールとブラシを詰め込むと、いい具合にそれぞれがまっすぐ立ってくれて、取り出しやすく、どこに何があるかよく見えます。場所も取りません。

結局、1回目、2回目の製図試験本番でもこのペン立てを使用しました。

資格学校で評判だった道具

テンプレート付き三角定規45°

 


バンコ 三角定規45°テンプレートプラス(Amazon)

誰もが使用する定番です。柱に使えるのはもちろん、保育園の避難用滑り台のような複雑な作図にも使用しました。

丸や四角のテンプレートはこれだけで十分です(念のため他のテンプレートも会場には持ち込みました)。

三角定規 45cm×3mm

 


ウチダ 三角定規 45cm×3mm 目盛りなし(Amazon)

大きい三角定規は、最初に縦の補助線を引くとき、一度で一本の線を引けるので重宝します。平行定規と一緒に持ち歩く分には邪魔になりませんし、買っておいて損はない物だと思います。

9月に入って、クラスメイトの勧めるこの定規を導入しました。製図中、補助線を引く作業が終わったら、平行定規の下にしまっておきます。

それまで補助線の位置間違えが相次いでいたのですが、この定規で動作がシンプルになり、ミスが劇的に少なくなりました。

テンプレートスタンド

 


バンコ AC PRO テンプレートスタンド(Amazon)

これも定番です。本番の机は狭いので、コンパクトに定規やテンプレートが整頓できるスタンドは重宝します。

消しゴムホルダーとストラップ

 


ステッドラー 消しゴム PVCフリーホルダー字消し(Amazon)


ライオン事務器 リール付きストラップ(Amazon)

8月に入って、ステッドラーの消しゴムホルダーと、リール付きの名札用ストラップをクラスメイトからプレゼントされました。

ホルダーには予め消しゴムが入っています。消し心地も問題ありませんでした。首からかけておけば、消しゴムをすぐに掴むことができますし、転がっていく心配がありません。

案外、こういった地道な工夫が時短につながります。

資格学校の先生の意見を鵜呑みにしないことが肝心

平成27年の1回目の試験対策中に翻弄されたのがシャープペンの芯のサイズでした。

シャープペンは何ミリが良いのか

 

資格学校で平成27年に製図セットを購入した時のシャープペンのサイズは0.5でした。

女性で筆圧が小さい私の作図をみた資格学校の先生から0.7を勧められ、藁をも掴む気持ちだった私は、早い段階で0.5から0.7に変更してしまいました。

ステッドラー シャーペン 製図用 0.7mm(Amazon)

しかし、開口部の3本線が細く仕上がらない、シャープな線が描けない、という感じで細かい表現がかえって難しくなりました。

シャープペンは0.5で十分太い線が描ける

 

適宜シャープペンを0.5に持ち替えて描き込むこともできたのかもしれませんが、壁を作図している最中に開口部の表現だけ持ち替える、なんて面倒なことをしていたらミスを誘発してしまいます。

結局私は0.5に再度変更し、平成28年の製図試験は0.5のみで作図して合格しました。

ステッドラー シャーペン 製図用 0.5mm(Amazon)

終わってみて感じるのは、作図の印象をあれこれ悩むのは9月に入ってからで間に合うということです。

まずは、エスキスを正しく行うこと、次に、時間内に作図することに専念するべきなのです。自信を持って勢いよく壁の線をひけば自ずと筆圧は高まり、メリハリのある作品になります。

道具選びは自己責任

 

資格学校に100万円近く支払うのに、道具をケチっていては本末転倒です。

私を翻弄した先生に悪気はなかったと思うのですが、先生との相性や道具との相性は個々人で全く違います。

しっくりくる道具に巡り合うためには、先生や周りの方の意見を鵜呑みにするのではなく、自分でいろいろと試していくのが一番の近道だったと痛感したのでした。

コメント