育児日記

ストライダー等ランニングバイクのタイヤとおすすめの空気入れ

育児日記

EVAタイヤとゴムタイヤの特徴を比較

 

ランニングバイクに採用されているEVAタイヤ、ゴムタイヤは性能に大きな差があります。また、ゴムタイヤは頻繁に空気を入れる必要があります。

それぞれのタイヤの特徴やゴムタイヤについているバルブの種類、おすすめのエアポンプについて説明します。

ランニングバイクのタイヤの種類

主にEVAタイヤとゴムタイヤがあります。

EVAタイヤを採用しているランニングバイク

 

ストライダー(クラシックモデル・スポーツモデル)、アイデスのD-Bike、DABADAのランバイク、グラフィスのGR-BABYなどがあります。

野中製作所 へんしん! サンライダーFC(Amazon)

STRIDER スポーツモデル(Amazon)

RANGS バランスバイク(Amazon)

DABADA ランバイク(Amazon)

IDES D-Bike(Amazon)

GRAPHIS GR-BABY(Amazon)

ADVENKIDS ランチャリ(Amazon)

ゴムタイヤを採用しているランニングバイク

 

スパーキーのキッズバイク、ストライダー14x・へんしんバイク・キック&スクートなどの2wayバイクはエアタイヤを採用しています。

 SPARKY キッズバイク(Amazon)

へんしんバイク2(henshinbike.com

STRIDER 14x(Amazon)

AIRBUGGY キックアンドスクート(Amazon)

2wayバイクは長く使用する前提で作られているため、ゴムタイヤが使用されています。

 

それぞれのランニングバイクの比較

 

紹介した11種類のランニングバイクを比較してみると、以下のような違いがあります。

名称 対象
(歳)
重量※
(kg)
タイヤ(吋) 特徴・他用途 付属品 値段
(円)
野中製作所
サンライダー
2〜5
三輪:1.5〜4
3.8 EVA 三輪車 手押し棒
三輪用ペダル
11,400
STRIDER
スポーツモデル
1.5〜5 3.0 EVA
12
 – 14,850
RANGS
バランスバイク
2〜7 2.0 EVA  アルミ
ボディ
7,800
DABADA
ランバイク
2〜5 4.0 EVA 安価 ベル
スタンド
プロテクター
4,998
IDES
D-Bike
2〜 3.6 EVA アルミ
ボディ
ブレーキ
スタンド
フットデッキ
10,300
GRAPHIS
GR-BABY
2〜5 3.5 EVA
12
 – ブレーキ
スタンド
6,980
ADVENKIDS
ランチャリ
2〜5 3.7 EVA
12
 – ブレーキ
スタンド
7,700
SPARKY
キッズバイク
2〜 4.5 ゴム
12
 – ブレーキ
スタンド
9,980
へんしんバイク2 2〜5 4.5 ゴム
12
自転車 ブレーキ
空気入れ
ベル
スタンド
反射板
22,000
STRIDER
14x
3〜7 5.5 ゴム
14
自転車 ブレーキ 26,950
キック&スクート 2〜7 4.8 ゴム
8
キックスクーター ブレーキ
スタンド
反射板
35,200

※重量は、ペダルなし自転車の状態での数値 
※タイヤのサイズはホイールの直径で測ります。(吋:インチ)ほとんどが12インチを採用していると思われますが、公式ページなどに記載のあったものだけ載せています。

Lucky
Lucky

ゴムタイヤを採用したバイクは重くなる傾向があります。

EVAタイヤの特徴

では、それぞれのタイヤにどのような特徴があるのか見ていきます。まずはEVAタイヤから。

EVA樹脂とは

 

EVAとはエチレンビニールアセテート(Ethylene Vinyl Acetate)の略です。とても優れた素材で、幼児向け遊具に相応しい性能が備わっています。

EVAタイヤは軽い

 


出典:Wikipedia EVAの拡大図

発泡体としての性質で、空気を多く含んでいるため、ゴムと比較して軽量です。

ストライダー公式オプションパーツのEVAタイヤ2本は同ゴムタイヤ2本と比べて700g軽く作られています。

EVAタイヤは安価

 

STRIDERオプションパーツ ホイール(Amazon)

ストライダー公式オプションパーツのEVAタイヤは1本2,420円(2本で4,840円)で売られています。

同ゴムタイヤ2本セット11,000円と比べて、5,000円以上安く値付けされています。

EVAタイヤには多様なデザインがある

 

EVA樹脂に顔料を混ぜることで着色できるため、EVAタイヤはゴムタイヤに比べて多様なカラー展開があります。

EVA樹脂は熱融着のような加工でジョイントすることが可能で、ホイールとタイヤとが一体になり、様々な形に成形されます。

タイヤ部分とホイールとが一体になっているため、ストライダーでは両方をあわせて「ホイール」と呼ぶのだそうです。

Child
Child

いうなれば「EVAホイール」だね。

EVAタイヤは優れた弾性力と柔軟性がある

 

ジョイントマット(Amazon)

クロックスサンダル クラシック キッズ(Amazon)

EVA樹脂は弾力性と柔軟性に優れているためフロアマットやサンダルに使用されます。

ゴム同様に低温下でも硬くなりにくく、寒い場所でも柔軟性を保ちます。

EVAタイヤは優れた耐久性がある

 

EVA樹脂は、耐久性や耐候性、耐オゾン性に優れ、紫外線にも強いため、万が一屋外で長期保管することになったとしても表面劣化を起こしにくい素材です。

水分に強く、撥水もよいので、水が染み込むことはありません。

EVAタイヤは環境に優しい

 

EVA樹脂は塩素を含まないので、焼却時にダイオキシンが発生せず、熱可塑性樹脂であるためリサイクルが容易。環境に優しい素材という側面があります。

Lucky
Lucky

遊具は刹那の利用。環境に優しいものであって欲しいです。

ゴムタイヤの特徴

DADDYLAB ストライダー用ホイールタイヤセット(Amazon)

EVAタイヤは高性能ですが、子供たちの脚力が増して高速で曲がるために車体をバンクさせると、スリップして転倒することが増えます。

そこで、空気で膨らませるゴムタイヤのついたランニングバイクをあらかじめ選ぶ人や、ストライダーのタイヤを途中でゴムタイヤに交換する人がいます。

ゴムタイヤの特徴は以下のとおりです。

ゴムタイヤはグリップ力がある

 

ゴムタイヤであれば、コーナーを曲がるときにランニングバイクが傾いても、タイヤが変形して接地面積が増えるので摩擦抵抗が生じ、うまく曲がることができます。

ゴムタイヤは衝撃をよく吸収する

 

でこぼこな場所や少し段差のある場所でもスムーズに走ることができます。

ゴムタイヤは走行性能を調整できる

 

速く走ることができるのはいいことばかりではありません。足やブレーキで止まりきれずに、事故に繋がることがあります。

空気を指定の圧力まで入れずに、少し緩くしておけば、スピードを抑えることができます。

月に1割の空気がゴムタイヤから抜けていく

 

空気はゴムタイヤの中のチューブに充填されます。

チューブは風船のようなもの。ランニングバイクに乗っていなくても、どんどん空気が抜けていきます。

そこで、ランニングバイクを使用する間、月に1度は空気を入れる必要があります。

エアタイヤのバルブの種類

Bicycle Sclaverand, Dunlop, Schrader valve

空気を入れるためには、空気入れが必要です。まず購入予定のランニングバイクのゴムタイヤがどんなバルブを採用しているのか確認しましょう。

ゴムタイヤのバルブは3種類に分けられます。

  • アメリカ式(別名は、シュレーダー、米式など)
  • イギリス式(別名は、ウッズ、ダンロップ、英式など)
  • フランス式(別名は、プラスタ、フレンチ、仏式、sclaverandなど)

ロードバイクなどは仏式バルブのタイヤ

 


ロードバイク用 仏式バルブ付きインナーチューブ(Amazon)

仏式のバルブは高圧に耐えられる上、空気を入れた後の微調整ができます。クロスバイクやロードバイクで主に使用されています。

ママチャリ、スパーキー、へんしんバイクは英式バルブのタイヤ

 


自転車用 英式バルブ付きインナーチューブ(Amazon)

英式のバルブは空気圧の調整が難しく、米式仏式と比べて耐圧性能は低めです。空気圧を細かく気にする必要のないママチャリなどの自転車に使われています。

英式バルブの空気入れは日本で最も普及していいて、スパーキーやへんしんバイクでも英式が採用されています。

自動車、マウンテンバイク、ストライダー、キックスクーター、ベビーカーなどは米式バルブ

 

米式のバルブは高圧に耐えられます。自動車やオートバイのタイヤに採用されていて、いざとなったらガソリンスタンドで空気を入れることができます。

バルブ本体が太くて折れにくいので悪路を走るマウンテンバイクにも使用されています。

ベビーカー用 英式バルブ付きインナーチューブ(Amazon)

米式バルブは長さが短い上に、45度、90度などに曲がったものもありコンパクトな造りです。小径のタイヤを使用しているランニングバイク、キックスクーター、ベビーカーのエアタイヤにもよく使用されます。

ランニングバイクでいうと、ストライダーやキック&スクートが採用しています。

空気入れの種類

バルブの種類がわかったら、今度はふさわしい空気入れを選びましょう。

空気入れには主にフロアポンプ携帯ポンプフットポンプがあります。

フロアポンプ

 

一番よく見かけるのは手で下にポンプを押して空気を入れるフロアポンプです。

携帯ポンプ

 

携帯ポンプは宙で手を使ってポンプを押すタイプの空気入れです。携帯できるので、いつでも空気を入れることができます。

フットポンプ

 

足踏みポンプは体重をかけることでポンプを押すことができるので、子供でも扱いやすいタイプの空気入れです。こちらもケースに入れて携帯することができます。

ランニングバイクのゴムタイヤにおすすめのポンプ

ランニングバイクのゴムタイヤに空気を入れるために、新たに空気入れの購入を検討する場合は、いくつかの選択肢があります。

以下、おすすめのポンプやアダプターをご紹介します。詳細を確認されたい場合は写真や製品名をクリックしてみてください。

英式バルブに対応しているメジャーな空気入れとアダプター

 

ブリヂストン 英式バルブ対応空気入れ(Amazon)


パナレーサー 米式・仏式・英式バルブ対応 楽々ポンプ(Amazon)

空気入れというと、ブリヂストンやパナレーサーがダントツで人気です。ボールや浮き輪のアタッチメントもついています。バルブが対応していればこちらを使って空気を入れることができます。

しかし、ランニングバイクのホイールは12インチや14インチといった小さなサイズがほとんど。おうちにある空気入れをランニングバイクに試してみたら、スポークやハブが邪魔でうまく接続できないことがあります。

そんな場合はアダプターを付けることでうまくいきます。


ブリヂストン タイヤ空気注入口 アダプター(Amazon)

米式仏式バルブに変換アダプターを付けて、英式バルブ対応空気入れを使うこともできます。


米式・仏式・英式変換アダプターとボール用空気針(Amazon)

しかし、ゲージの付いていないものは、米式仏式のバルブがついたタイヤには適していません。というのも、米式仏式のタイヤは空気圧が指定されているので、ゲージのない空気入れを使う場合は別途圧力計を用意する必要があるからです。

仏式・英式・米式エアタイヤに対応したおすすめのフロアポンプ

 


パナレーサー 仏式・米式・英式対応フロアポンプ(Amazon)

Samuriding 仏式・米式・英式バルブ対応フロアポンプ(Amazon)

ゲージ付きフロアポンプは、パナレーサーやサムライディングがおすすめです。

おすすめのフットポンプ

 


パナレーサー 仏式・米式・英式バルブ対応フットポンプ(Amazon)

CYQUA 米式・英式バルブ対応フットポンプ 踏みマッチョ(Amazon)

子供が自分のランニングバイクを管理するという意識を持つことは大事だと思います。

前にも書いたように、フットポンプは子供でも少し楽に扱える空気入れなので、大人がバルブ接続などのセッティングを終えたら、子供にポンピングしてもらってもよいと思います。

ランニングバイク用の空気入れにもってこいかもしれませんね。

高性能な空気入れをママチャリに使う場合の注意点

 

ゲージのない空気入れを使ってママチャリを入れる場合、タイヤが適度に硬くなるまで入れればちょうどよい圧力になります。

一方、せっかくランニングバイクのために高性能な空気入れを購入したんだから、ママチャリにも使いたいと考える場合は、空気の入れすぎに注意が必要です。

特にタイヤに記載がない場合は、300kPa程度を目安に入れるようにしましょう。
※米式バルブなどに変換してから空気入れに接続すると正しい空気圧を把握することができます。

まとめ

EVAタイヤにも、ゴムタイヤにもそれぞれ優れた性能があります。

1歳半から2歳の脚力がまだない幼児が乗るランニングバイクはEVAタイヤのついたものを、2歳半から3歳といった脚力のついた段階でランニングバイクを始めるならあらかじめゴムタイヤのものを選ぶとよいかもしれません。

また、EVAタイヤがスリップするようになったら途中でゴムタイヤに履き替えてもよいでしょう。

ゴムタイヤは頻繁に空気を入れる必要があります。

すでに家にある自転車や空気入れをチェックしたり、新しく購入する場合はそれぞれの特性を確認したりして、適切な空気入れやアダプターを購入しましょう。

(おまけ)タイヤとホイールの各パーツの名称

ここまで記事を読んでいただいて、わからない単語が出てきた方がいらっしゃったかもしれません。最後にタイヤのパーツの名称をおさらいして終わろうと思います。

ランニングバイクのエアタイヤ

 

出典:エアバギー公式サイト

ランニングバイクに使用されるエアタイヤは、基本的に自転車や自動車のタイヤと同じ構造です。エアタイヤは、さらにチューブとタイヤに分かれます。

Lucky
Lucky

チューブを交換する動画を見ると構造がよくわかります。

エアタイヤのトレッドとケーシング

 

さらに、タイヤ部分はトレッドとケーシングに分かれています。トレッドはゴムでできていて、地面と接する部分は摩耗していきます。

ケーシングは繊維でできていて、タイヤの骨格となっています(図は自動車のタイヤ断面です)。

ランニングバイクのホイール

 

スポーク組みのホイールのバルブ周りの名称です。

コメント