幼児の衣服と小物

キュアマジェスティのイヤーカフをビーズで作る!安全な取り付け方法も検討

幼児の衣服と小物

ビーズはさまざまな形をかんたんに作ることができます。

前回、ネックレスをつくったときのビーズが余っていたので、娘が大好きなアニメのキャラクターのアクセサリーを作ってみることになりました。

今回は、アニメ「ひろがるスカイ!プリキュア」に登場するプリキュアの一人、キュアマジェスティがつけているイヤーカフをビーズで作ってみました。

ひろがるスカイ!プリキュアのキュアマジェスティとは


出典:東映アニメーション公式サイト

「ひろがるスカイ!プリキュア」は、2023年2月5日から放送されているプリキュアシリーズのテレビアニメです。

キュアマジェスティは、プリンセス・エルというスカイランドの王女が変身したプリキュアです。

プリンセス・エルは、プリキュアに変身するきっかけを与える「スカイトーン」を生み出す不思議な力を持っています。

キュアマジェスティは雷を操る

そして、キュアマジェスティは、雷を操るプリキュアです。

戦うときには雷光がさくれつしています。

キュアマジェスティのイヤーカフは強そうなトゲトゲ

キュアマジェスティは、金色のトゲトゲがついたイヤーカフを、左右の耳に付けています。

このトゲトゲのイヤーカフをつけると、キュアマジェスティの優しさの中にある強さがひき立ちます。

Lucky
Lucky

キュアマジェスティのイヤーカフはパンチが効いていてステキです。

イヤーカフとは

イヤーカフというのは、耳に付けるアクセサリーです。

ピアスとちがって耳に穴を開ける必要がなく、イアリングのような痛みも少ないので、気軽に耳元のおしゃれを楽しめます。

イヤーカフには、さまざまな種類やデザインがありますが、大きく分けて「引っかけるタイプ」と「挟むタイプ」の2種類にわかれます。

引っ掛けるタイプのイヤーカフとは

引っかけるタイプのイヤーカフは、耳のうすい部分に差し込んで引っ掛けて付けるタイプです。

引っ掛けるタイプのイヤーカフは、耳に負担が少なく痛みも少ないのがメリットですが、落ちやすいこともあります。

引っ掛けるタイプのイヤーカフは、耳たぶや耳の上部の軟骨に付けることができます。

挟むタイプのイヤーカフとは

挟むタイプのイヤーカフは、イヤリングのように金具やバネで耳を挟んで固定するタイプです。

Lucky
Lucky

別名「イヤークリップ」とも呼ばれます。

挟むタイプのイヤーカフは、落としにくく、安定感がありますが、長時間付けていると痛くなることもあります。

挟むタイプのイヤーカフは、耳たぶや耳の軟骨部分に付けることができます。

Lucky
Lucky

キュアマジェスティのイヤーカフは挟むタイプです。

イヤーカフの取り付け方

イヤーカフの付け方は、種類によって異なりますが、基本的には以下のようなながれで行います。

✔ 引っ掛けるタイプのイヤーカフ
・ 耳を引っ張って平らにする
・ 一番薄くなったところから入れる
・ 付けたい位置までスライドさせる
・ 引っ掛かりのいい位置を探す
・ 指で軽く押して固定させる
・ 引っ張って落ちないことを確認する

子供につける場合は、やさしくゆっくり作業して、耳が傷つかないようにしましょう。

Lucky
Lucky

また、紛失にも注意が必要です。

✔ 挟むタイプのイヤーカフ
・ デザインの向きを確認する
・ 金具やバネを開く
・ 耳を引っ張る
・ 耳のふちの薄い部分に差し込む
・ 付けたい位置までスライドさせる
・ 金具やバネを閉じて固定する
Smile
Smile

イヤーカフをつけるのってむずかしそう。

ビーズで子供用のイヤーカフを作る


キュアマジェスティ アクセサリーセット(Amazon)(楽天

販売されているキュアマジェスティのアクセサリーセットに含まれているのは、イヤーカフ風のイヤリングです。

Smile
Smile

イヤーカフは本物に似てない気がする。

Lucky
Lucky

安全性や子供の装着しやすさ、作りやすさを考えたら、仕方なかったのかもね。

というわけで、ビーズを使って、すこしでも似たかたちを目指しました。

イヤーカフに使ったビーズ(丸大ビーズ・竹ビーズ)とワイヤー

イヤーカフをつくるために使ったビーズは2種類だけです。


TOHO丸大ビーズ 外径3mm B-22(Amazon)(楽天

トゲトゲの部分は竹ビーズでつくります。


TOHO竹ビーズ 二分竹 7gAmazon)(楽天

使っているワイヤーは、手芸屋さんに置いてある一般的な太さのものです。


アクセサリーワイヤー(Amazon楽天

ベースとなる長方形をかたちづくる

まず、ワイヤーを1メートル程度とります。

丸大ビーズを、1列に8個で10列程度つくります。

Lucky
Lucky

あとで曲げるので、あまりワイヤーをキツくしないのがポイントです。

子供の耳にそって曲げて、雰囲気をたしかめます。

トゲトゲを3つつける

1列に8個で10列つくったら、余ったワイヤーの1本を、2列目のビーズの3個目までとおして取り出します。

竹ビーズを2つとおして、3列目の5番目から8番目の3つにとおします。

同じように、もう一方の余ったワイヤーを、2列目の逆側のビーズ3個目までとおして取り出し、竹ビーズを1つとおして、既にとおした竹ビーズ2つの間のワイヤーに1回巻きつけます。

竹ビーズをさらに1つとおして、一方とは対象の位置にあるビーズ3つにとおします。

あと2つのトゲもおなじように作ります。

形をととのえて完成です。

ワイヤーのさいごの部分をつかってヘアピンにとりつけてみたところ、なんとか耳につけることができました。

我が家のキュアマジェスティの誕生です(笑)。

Lucky
Lucky

大事にしてね!

コメント